[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみはなぜ、米国で愛されるのか 米紙記者が語る魅力「とても新鮮な存在」

ニューヨーク・タイムズのデビッド・ウォルドースタイン記者【写真:佐藤直子】
ニューヨーク・タイムズのデビッド・ウォルドースタイン記者【写真:佐藤直子】

年間グランドスラム達成は至難の業も「一番可能性が高いのはナオミ」

 大坂はここ数年で飛躍的に成長し、サーブやショットの強さは世界屈指。21歳と若く、フィジカル面でも恵まれている。ウォルドースタイン記者は「いつか世界1位になるとは思っていたけど、こんなに早くなるとは」と驚きを隠せないが、同時に「まだまだ技術面にもメンタル面にも伸びしろがある。ここからどんな選手になるか楽しみです」と期待を込める。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 大坂自身は「いつかカレンダー通りに勝つ年間グランドスラムを達成したい」と話しているが、それも夢とは言い切れない。

「年間グランドスラム達成は本当に難しい。セリーナが年またぎで2度グランドスラム4連勝をしていますが、同じ年に4回優勝したことはありません。テニスはサーフェスが変わると全く違ったアプローチをしなければいけない。ハードコートの全豪から始まり、全仏はクレーコート。クレーに慣れた頃には芝のグラスに変わり、ウィンブルドンまでの期間はたった3週間ほど。シーズン後半で体力が落ちてきた頃に再びハードコートの全米を迎える。同じ年に全大会を制覇するのは、並大抵のことではありません。

 でも、今の現役選手で一番可能性が高いのはナオミでしょう。21歳という若さで世界女王となり、プレッシャーの中で戦う厳しさも味わった。そして、まだ成長していることが何よりも大きい。ぜひ達成する姿をみたいですね」

 力強いテニスとは裏腹の、愛くるしい個性でファンもメディアも虜にする大坂。並み居る強豪たちを圧倒し、年間グランドスラムを達成する日が来ると期待したい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集