[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏敗退は大坂なおみをどう成長させるのか 21歳の女王が“本当に戦うべき相手”とは

第1シードでGS3連覇かけて挑んだ大会、すり替わった「優勝しなければ」の重圧

 1回戦から「メチャクチャ緊張している」と言い続けてきた大坂が、この全仏オープンで戦っていた本当の相手は、実は自分の頭の中にいたのかもしれない。世界ランク1位で第1シードとなったことに加え、昨夏の全米、今年1月の全豪と4大大会2連勝でパリに乗り込んできた。全仏で優勝すれば、憧れのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が2015年に達成して以来の出来事。4大大会初優勝からのグランドスラム3連勝ともなれば、史上初の快挙だった。当然、周囲の期待は高まる。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 大会中、大坂自身も勝ち上がるたびに「この大会でどうしても優勝したい」と言い続けてきた。勝負の世界に身を置く人間だったら、常にトップを目指すのは当然のこと。時には、負けん気の強さがパフォーマンス向上の原動力になる。だが今回、21歳の世界女王が抱いた「優勝したい」という願いは、いつの間にか「優勝しなければ」というプレッシャーにすり替わっていたようだ。その結果が「ずっと自分に重りが載せられているような感じ」がするほどの息苦しさだったのだろう。

 格下相手にストレート負けを喫した事実には、周囲から厳しい声が飛ぶかもしれない。だが、これから先も長く続くであろうテニスプレーヤーとしてのキャリアを考えた時、世界ランク1位で迎えるグランドスラムがどんなものなのか経験できたことは、大きなプラス材料となるだろう。

 キャリア最高の出来だったというクレーコートシーズンも一段落し、またここから仕切り直し。今回の敗戦から得た学びを自身の成長に繋げられた時、大坂はグランドスラム4連勝を狙えるポジションにたどり着いているはずだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集