[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑も人間である 「地球上3人だけ知る世界」の先人から届いた“お告げ第2弾”

小林陵が語った完全Vの価値「サッカーでいうW杯優勝&MVP」

 小林陵に1番欲しいタイトルをたずねて、最初に返ってきたのがジャンプ週間4連勝だった。そして、そのインパクトをこう例えた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「サッカーでいう(W杯)優勝トロフィー取って、MVPに日本人が選ばれたみたいな。だって、取れないじゃないですか。ネイマール、メッシ、ロナウド、やばい選手いっぱいいるから」

 ジャンプが盛んな国では、ジャンプ週間総合優勝は五輪金メダルに匹敵するタイトル。総合王者になったら自叙伝を書いたり、CMに出てみたり……立つステージが一気に上がる。

 ジャンプ週間が特別なのは、W杯よりも長い歴史はもちろん、ドイツとオーストリアで年末年始に元旦を含む4連戦という舞台設定があるから。

 ドイツでは、公共放送が予選から中継するが、小林陵が優勝した元旦ジャンプは、「ARD」で665万人が視聴。マーケットシェア29.7%を記録している。ハンナバルト氏が解説する「EUROPORT」でも放送しており、実際の数字はもっと高いはず。

 ここ最近こそ苦戦の続くジャンプ王国オーストリアも、全盛期は驚異のマーケットシェア60%超え。開催国でなくとも強豪のノルウェーでは、自国選手が総合優勝争いをしていた時に公共放送「NRK」がシェア70%超という、とんでもない数字を叩き出していたことが報じられていた。

 けた違いの注目度はもちろん、特徴の異なる4つのジャンプ台への適応力に加え、8回のジャンプのうち1回でも失敗すれば脱落という集中力、そしてトータル10万人以上を動員する大観衆にビビらない度胸が必要。心身ズタボロになっても不思議じゃない。

 昨季、ジャンプ週間2連覇を史上2人目の完全優勝で飾ったストッフも、「大会の後はキツかった。9日間、毎日ライバルと戦いながら1試合ではなく4試合。プラス予選で8試合。精神的にも肉体的にも、ものすごくエネルギーを消費した」と振り返る。

 ストッフは、ジャンプ週間直後のW杯でまさかの21位。平昌で五輪2大会連続の金メダルを獲るまで優勝から遠ざかり、その間には故郷のW杯で大観衆ぼう然の1回目敗退もあった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集