[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5人全員がスーパースターに― “完全体”となったウォリアーズに死角はあるのか?

1チーム5人でプレーするバスケットボールにおいて、5人すべてがスーパースターだったらどうなるのか?オールスターゲームのようなエキジビションではなく、シーズンを通じてプレーした場合にはどれだけの強さを発揮できるのだろう?ほとんどファンタジーのようなそんな問いに、今季、答えが出されようとしている。

カズンズを加えたウォリアーズに脅威の“ビッグ5”が誕生した【写真:Getty Images】
カズンズを加えたウォリアーズに脅威の“ビッグ5”が誕生した【写真:Getty Images】

ウォリアーズはカズンズを加え脅威の“ビッグ5”が誕生

 1チーム5人でプレーするバスケットボールにおいて、5人すべてがスーパースターだったらどうなるのか?オールスターゲームのようなエキジビションではなく、シーズンを通じてプレーした場合にはどれだけの強さを発揮できるのだろう?ほとんどファンタジーのようなそんな問いに、今季、答えが出されようとしている。

【PR】日本人初の世界一! 大坂なおみも出場のWTAツアーを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季まで2連覇を果たしたゴールデンステイト・ウォリアーズは、オフにリーグ屈指のビッグマン、デマーカス・カズンズを獲得。昨年1月に手術を受けた左アキレス腱のリハビリを続けてきたカズンズは、1月中旬に満を持して戦列復帰を果たした。ステフィン・カリー、ケビン・デュラント、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンと合わせ、ここで脅威の“ビッグ5”が誕生したことになる。

「(カズンズが)このチームに加わり、新しい武器を得られたのは凄いことだ。彼はウチの選手たちと一緒にプレーすることを気に入っているし、他の選手たちにとってもそれは同じことだ」

 1月24日、ワシントンDCで行われたウィザーズ戦の際にスティーブ・カーHCがそう述べた通り、これまでのところカズンズは他のスターたちと楽しそうに共存しているように見える。

 ウィザーズ戦ではチーム全体で57%という高い成功率でFGを決め、大量126得点。カリーが38得点を挙げたのを始め、デュラントが21得点、カズンズが17得点、グリーンが15リバウンド、7アシストと主力がそれぞれの役割を果たしていた。

 ウィザーズに勝った時点で、ウォリアーズは今季最長の9連勝。26日のボストン・セルティックス戦、28日のインディアナ・ペイサーズ戦にも勝ち、連勝記録は11に延びた。この期間中の平均得点差は18.4という圧勝続き。今季序盤戦では近年にないスロースタートだった王者だが、ここに来て鋼の強さを印象づけている。

1 2 3

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集