[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金崎夢生、安部裕葵、永井謙佑… 5クラブ7人の実力者たちが地獄の合同合宿を行う理由

サッカー日本代表は9日にアジアカップ開幕戦となる1次リーグ初戦トルクメニスタン戦を迎えるが、八丈島では代表経験者らが地獄の自主トレを展開している。

鳥栖FW金崎(写真・中央)と鹿島FW安部(写真・左)も真剣に取り組む【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】
鳥栖FW金崎(写真・中央)と鹿島FW安部(写真・左)も真剣に取り組む【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】

シーズンが始まればライバルとなる5クラブ7人の選手が八丈島で合同自主トレ

 サッカー日本代表は9日にアジアカップ開幕戦となる1次リーグ初戦トルクメニスタン戦を迎えるが、八丈島では代表経験者らが地獄の自主トレを展開している。

【PR】大谷翔平が復帰! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 昨年度のベストヤングプレーヤー賞を受賞した鹿島FW安部裕葵、名古屋DF宮原和也、広島MF野津田岳人から鳥栖FW金崎夢生、F東京FW永井謙佑という日本代表経験者が集結している。シーズンが始まれば、ライバルとなる5クラブの実力者はなぜ合同合宿を展開しているのだろうか。

「例えば、安部選手は自分がアドバイザーを務めていた瀬戸内高校1年の時から自分のトレーニングを続けています。野津田選手と宮原選手は自分がサンフレッチェユースのコンディショニングアドバイザーだった頃に指導していた選手です。育成年代からの指導も八丈島合宿のメンバー構成の一因になっています」

 こう語ったのは八丈島自主トレを主宰するプロトレーナーの木場克己氏だった。体幹、体軸、バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートを指導。日本郵政女子陸上部もアドバイザーとして指導し、16年に創部3年目で全日本実業団女子対抗駅伝(クイーンズ駅伝)優勝に導いたスペシャリストだ。

 世界基準のアスリートのみならず、レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大と横浜MのFW久保建英ら“神童”のトレーナーも務めており、育成年代でも手腕を発揮している木場氏だが、彼らは長年体幹部分を強化してきた、いわば門下生だ。今年で10年目を迎えた年始の八丈島合宿に参加し、シーズンインに向けた準備を進めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集