[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「ミスを怖れない」子供をいかに育てるか 外国人指導者が抱いた日本スポーツの課題

「ミスを怖れない」子供をいかに育てるか 外国人指導者が抱いた日本スポーツの課題

アルフレッド・ガルスティアンは、世界に普及する育成メソッド「クーバー・コーチング」の創始者の一人である。母国イングランドに限らず、フランス、ドイツ、イタリア、ブラジル、米国など、世界を幅広く飛び回り、テクニカルな指導やアドバイスを送っているが、日本にもコンスタントに留まり指導に時間を割いている。フランス協会とも長く良好な関係を続け、アーセン・ベンゲル(アーセナル前監督、名古屋グランパス元監督)とも日本の事情について話すことが少なくないという。

ピッチ上でミスをすることを怖れない子供の育て方とは【写真:Getty Images】
ピッチ上でミスをすることを怖れない子供の育て方とは【写真:Getty Images】

世界で子供たちにサッカーを指導、ガルスティアン氏が感じた日本人の特徴

「間違ったことを話すことを怖れない。ピッチ上でミスをすることを怖れない。そういう子を育てていきたい」――アルフレッド・ガルスティアン(クーバー・コーチング共同創設者)

 アルフレッド・ガルスティアンは、世界に普及する育成メソッド「クーバー・コーチング」の創始者の一人である。母国イングランドに限らず、フランス、ドイツ、イタリア、ブラジル、米国など、世界を幅広く飛び回り、テクニカルな指導やアドバイスを送っているが、日本にもコンスタントに留まり指導に時間を割いている。フランス協会とも長く良好な関係を続け、アーセン・ベンゲル(アーセナル前監督、名古屋グランパス元監督)とも日本の事情について話すことが少なくないという。

「ベンゲルも言っていたよ。日本の選手たちには学ぶ姿勢があり、真剣にトレーニングに取り組み、技術も敏捷性もある。指導者も情熱的で、フェアプレーの精神を大切にしているとね。私が見ても、日本の子供たちは、非常に規律正しく、人の言うことをよく聞く。ヨーロッパでは、背中で何か物音がしただけで、みんないっぺんに気を取られてしまうのにね。

 でも一方で、日本では自分から質問をしてくる子が少ない。だから日本のプログラムでは、子供たちがコミュニケーションを取ることを重視しているんだ。間違ったことを話すことを怖れない。ピッチ上でミスをすることを怖れない。そういう子を育てていきたいと考えている」

 怖れずにチャレンジし、技術を習得すれば必然的に自信が生まれる。よく欧米のアタッカーがエゴイスティックな部分を備えているというが、それは自分でチャレンジし、結果に対しても責任を持つだけの確信を抱いているからだ。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー