[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ミスを怖れない」子供をいかに育てるか 外国人指導者が抱いた日本スポーツの課題

「スポーツの世界では判断の遅れが致命的になる」

「自信がなければゴールも奪えないし、キラーパスだって出せない。自分の持つオプションからの選択に時間がかかり遅れてしまう。これはすべての年代に当てはまる課題だよ。スポーツの世界では判断の遅れが致命的になる。その解決策として、1対1のオプションをたくさん持っている必要がある。ボールを持っていろんなことができれば、精神的にも優位に立てるし、責任を持ったプレーも可能になる」

 当初クーバー・コーチングは、技術を身につけさせることで完結していた。だがその後は、試合の中でいかに効果的に技術を使うか、までを指導するプログラムに改善されたそうである。

(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集