[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「GKに求められる最も重要な要素が凝縮」 楢﨑正剛氏が選ぶ年間ベストGKとは

2月に2022シーズンのJ1リーグが開幕してから、毎月、元日本代表GKの楢﨑正剛氏がその月で最も優れたベストセーブを選出・紹介してきた。今年は11月中旬に開幕するワールドカップの影響で、例年より約1か月早く11月5日にJ1リーグは最終節を迎えた。今シーズンも最後の砦として数々の好セーブでゴールマウスを守ってきたGKのなかから、楢﨑氏にシーズンを通して最も優れたパフォーマンスを発揮したGKを選んでもらった。

ガンバ大阪の東口順昭【写真:Getty Images】
ガンバ大阪の東口順昭【写真:Getty Images】

シーズンを通して最も優れたパフォーマンスを披露したGKにG大阪の東口順昭

 2月に2022シーズンのJ1リーグが開幕してから、毎月、元日本代表GKの楢﨑正剛氏がその月で最も優れたベストセーブを選出・紹介してきた。今年は11月中旬に開幕するワールドカップの影響で、例年より約1か月早く11月5日にJ1リーグは最終節を迎えた。今シーズンも最後の砦として数々の好セーブでゴールマウスを守ってきたGKのなかから、楢﨑氏にシーズンを通して最も優れたパフォーマンスを発揮したGKを選んでもらった。

 ◇ ◇ ◇

 2022年のJ1リーグは横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた。今月7日に開催されたJリーグアウォーズでは同チームのGK高丘陽平がベストイレブンに選出され、元日本代表GK楢﨑正剛氏は納得の表情を浮かべた。

「リーグ制覇した横浜F・マリノスがシーズン通して安定した戦いをできていたのは、最後尾に高丘選手がいたからといっても過言ではありません。的確なセービングはもちろんのこと、11人のうちの1人として攻撃プレーにも積極的に関わっていました。GKとして90分間という試合を作っていくための役割を、マリノスのスタイルのなかで表現していた。ベストイレブン選出に誰も異論はないでしょう」

 楢﨑氏は常々言っている。良いGKの条件は「チームを勝たせることのできるGK、試合を壊さない選手」と。現代サッカーではGKが多岐に渡る仕事を求められるが、すべては所属チームの勝利や結果のため。高丘のパフォーマンスは「すべてにおいてハイレベルだった」と目を細める。

 そんななか、年間を通して月間ベストセーブを選定してきた視点で名前を挙げておきたい選手がいるという。ガンバ大阪の東口順昭だ。

 残留争いに巻き込まれる苦しいチーム状況においても、実績にたがわぬ高いパフォーマンスを見せた。監督、選手の投票で決まる優秀選手にノミネートされたのが動かぬ証拠だろう。3月に右膝内側半月板損傷の手術を行った影響でシーズン前半を棒に振ったものの、復帰後は絶体絶命のピンチを幾度となく救った。

 楢﨑氏があらためて東口の存在感について語る。

「なかなか結果が伴わないチームとしても、怪我があった個人としても、とても苦しいシーズンだったと思います。リーグ終盤、ガンバ大阪は残留できるかどうかの際どい状況に追い込まれていました。そこで、彼はひとりでチームを救うパフォーマンスを見せた。特にすべて無失点で終えた残り4試合はガンバを残留させる最大の要因になりました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集