[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球中国代表だけ好待遇に「不平等」の声 VIP用高級車で送迎、練習場の自由使用も【世界卓球】

世界卓球団体戦(中国・成都)に出場している中国代表の待遇に対し、一部の国から「不平等」の声が漏れている。「THE ANSWER」では、現地で関係者らを取材。他の参加国とは違い、開催国にはVIP専用高級車や練習場の使用時間に差があることが明らかとなった。

今回の世界卓球団体戦に開催国として参加している中国【写真:Getty Images】
今回の世界卓球団体戦に開催国として参加している中国【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(中国・成都)に出場している中国代表の待遇に対し、一部の国から「不平等」の声が漏れている。「THE ANSWER」では、現地で関係者らを取材。他の参加国とは違い、開催国にはVIP専用高級車や練習場の使用時間に差があることが明らかとなった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 世界卓球は個人、団体含め、中国開催は7年ぶり6度目。卓球王国として威信をかけた戦いを迎えた。10連覇を狙う男子は樊振東、馬龍、梁靖崑の世界ランクトップ3が参戦。4連覇中の女子も上位4人を占める孫頴莎、陳夢、王曼昱、王藝迪らが名を連ねた。絶対に落とせない母国開催だけに一層熱が入っている。

 ゼロコロナ政策を掲げてきた中国。今大会は選手や大会関係者、報道陣もホテルと会場の往来しかできない完全バブル方式で行われている。海外から成都に入るには、全員がシンガポールまたはドバイから同じチャーター便に乗らなければならない。各国選手団は開幕4日前の9月26日夜にホテル入りし、時間と空間を制限された生活に入った。

 開幕まで本番コート、練習場が使えたのは、各国に割り当てられたタイミングのみ。一方、中国代表がバブル内に入ってきたのは開幕前日だった。1か月以上前から成都の別の場所で合宿をし、自由に調整していたという。会場で取材する中国記者が明かす。

「中国チームは成都にはいましたが、この会場ではありませんでした。それでも(成都入りは)1、2か月前ですかね。中国はとても広いので、ある程度気候にも適応しなければいけません。彼らにとってそれほど大きなアドバンテージにはならないと思いますが、少しは助けになるでしょう」

 ここまでは開催国の“地の利”の範疇かもしれない。だが、開幕前の会場ではどの国も本番コートで練習してはいけない時間に、中国だけが調整していることもあった。その反対に、割り当てられた時間に練習場に現れず、誰もコートを使わない時間もあったという。一部の国からは「不平等」といった声が漏れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集