[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕らには責務がある」― 日本サッカーの礎築いた故・岡野俊一郎氏の言葉

マスコミ関係者も岡野さんの影響を受けて育った

 岡野さんは話していた。

「クラマーはコーチ学を持って来たんです。それまで日本にはコーチ術しかなくて、それは東大式、早大式……など、みんな違った」

 そしてクラマーの薫陶を受けた岡野さんは、テレビ番組を初めとするメディアにも積極的に出て、正しい知識に基づく啓蒙活動を続けた。僕らの同世代には、サッカーに侵されたマスコミ関係者が少なくないが、例外なく岡野さんの名調子を聞いて育ったはずだ。

「僕らには用語を正確に伝えていく責務があるんですよ。よくメディアでサッカーの“コート”という表現を目にしますが、サッカーにコートはありません。コートというのは、主に室内競技で正確に大きさが定められたもので、サッカーの場合は、ピッチとかフィールドという表現を使います」

 僕も「サッカーのコート」と書いたことはなかったが、「ハーフコートマッチ」などという表現は使っていたので、未熟なライターとして吐露した。

「いえいえ、こちらこそ失礼しました」

 とても穏やかな口調だった。

【了】

加部究●文 text by Kiwamu Kabe

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集