[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、体重大幅減でもトレーナーが悲観しなかった理由 「今まで以上になる」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシックは16日から3日間、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われる。日本人37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)は15日、国内凱旋試合へコースで最終調整。今夏の強行日程で体重は大幅ダウンしたが、指導する鎌田貴トレーナーは悲観はしていなかった。その理由は、馬場の身長が春先より0.9ミリ伸びていたことにあった。(文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

15日、国内凱旋試合へコースで最終調整を行った馬場咲希【写真:編集部】
15日、国内凱旋試合へコースで最終調整を行った馬場咲希【写真:編集部】

住友生命東海Cが16日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシックは16日から3日間、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われる。日本人37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)は15日、国内凱旋試合へコースで最終調整。今夏の強行日程で体重は大幅ダウンしたが、指導する鎌田貴トレーナーは悲観はしていなかった。その理由は、馬場の身長が春先より0.9センチ伸びていたことにあった。(文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 鎌田氏は馬場の身長が伸びていたことを明かした。

「咲希の身長が0.9センチ伸びていたんです。春先は175.3センチでしたが、測ってみたら今は176.2センチでした」

 馬場は6月から8月にかけて、海外を4往復した。全米女子オープン、全米女子ジュニア選手権、全米女子アマ選手権、世界女子アマ選手権チーム戦に出場。それぞれで結果を残した。一方で体に疲労が蓄積。帰国後、鎌田氏が体をチェックすると、臀部は6センチ減、大腿部は4センチ減、ふくらはぎは現状維持だったという。

「予想はしていましたが、日々、コースを歩いてきたことでふくらはぎが保たれていたことは良かったと思います。それと、身長が伸びていたことは大きいです。成長期の体は、横、縦、横、縦の順で大きくなっていくので、今は横に広がりにくい時期でも、近いうちに体重、臀部、大腿部が元のサイズ、それ以上になると感じました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集