[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、体重大幅減でもトレーナーが悲観しなかった理由 「今まで以上になる」

ツアー通算41勝レジェンドも評価「バランス良く、下半身をうまく使えている」

 帰国後、馬場は鎌田氏が営むTK LABO(横浜市都筑区)へ頻繁に通っている。最高で秒速48.0メートルのヘッドスピードが42.0メートル程度に落ち、ドライバーの飛距離にも影響していることから、改めて体幹と下半身を強化。食事、休養、トレーニングで体重を4キロ戻し、春先と比べて6キロ減になっている。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 鎌田氏は「改めてサイズは測っていませんが、体の状態はかなり良くなっています」と証言。14日に馬場の練習ラウンドを見守ったツアー通算41勝の森口祐子氏も「バランス良く立っていて、下半身をうまく使えている印象です」と評価している。

 ゴルフの状態について、馬場は「調子は悪くないので、調整をして好調にしたいです。飛距離が落ちている分、他の部分で頑張りたいです」と話している。まだまだベストコンディションではないが、馬場はさらに高くなった身長も生かし、今のベストを尽くす。

■鎌田貴(かまた・たかし)

 1962年4月15日、山形県新庄市生まれ。東海大学大学院体育学研究科修了(体育学修士)。プロアスリートのフィジカルトレーナーとして、幅広いジャンルのアスリートの体作りを担当。これまで、ホンダレーシングの専属トレーナーとして、ロードレース、モトクロス、トライアルで20人を超える多くのライダーをチャンピオンの座に導き、F1レーサーの角田裕毅も指導。女子ゴルフでは、宮里藍をプロ転向して間もない2004年から、米女子ツアーに参戦して3年目まで指導した。現在はモータースポーツ、ゴルファーに加え、野球、陸上選手らを指導。次世代を担う若手アスリートの育成にも力を入れている。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集