[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手を傷つける誹謗中傷 「こんな競技、何が面白い」を喜べた羽根田卓也の発想の転換

スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

誹謗中傷に対して、ある発想の転換でアンチの声に寛容になった体験を明かした羽根田卓也【写真:荒川祐史】
誹謗中傷に対して、ある発想の転換でアンチの声に寛容になった体験を明かした羽根田卓也【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」カヌー・羽根田卓也

 スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 今回のテーマは「アスリートの容姿報道と誹謗中傷」後編。スポーツ界では近年、アスリートに対する誹謗中傷も課題となっている。リオ五輪メダル獲得で露出が増え、ネット上の心無いコメントに胸を痛めたこともあったが、ある発想の転換でアンチの声に寛容になった体験を明かした。また、容姿など競技とは関係ない話題が報じられる日本のスポーツ報道の裏の課題を指摘した。(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――前編でリオ五輪メダル獲得を機に露出が増えるにつれ、好ましくない声に触れるようになったと聞きました。実際にはどんなものだったのでしょう?

「さまざまですね。『調子乗ってる』なんていうのは、分かりやすいかもしれないです」

――羽根田選手はツイッターの反応や記事のコメント欄は見る方ですか?

「気になりますね。僕は見る方です」

――選手によってはシャットアウトする人もいます。羽根田選手が見る理由はなぜでしょう?

「僕は見て、受け止めて、対処していきたいので。『2ちゃんねる』まではいかないですが、Yahoo!ニュースなどのリアクションくらいは見ますね。そういうネガティブな反応は向き合っていかないと、シャットアウトしていたとしても、どこかで絶対に耳に入ってきたり目に入ったりするもの。例えば、それが五輪直前のタイミングでグサッと刺さり、気持ちが落ちてしまう方が怖い。日頃から向き合い、免疫をつけていった方がいいと思うタイプです」

――アスリートの誹謗中傷は近年のスポーツ界の課題の一つ。そういう声に触れた時はどう対処しますか?

「最初はすっごく傷つきましたよ。こんな風に思われていて、こんなことを公共の場で書く人がいるんだと。その悪口が書かれたコメント一つで、記事を見た人の印象も作られるじゃないですか。でも、ある時に『調子乗りすぎ、何が面白いんだこんな競技。川を下って、激流だか知らないけど、ポールを回ってタイムを競って……』と書かれていました。それを見た時に一瞬、『ああ、腹立つ。一生懸命やってるのに馬鹿にしやがって』と思ったんです。

 ただ、よく考えて『いや、待てよ』と気付きました。『川を下って、ポールを回ってタイムを競って……』って、ああ、ルール知ってるじゃん! 競技が浸透してる! こんなアンチまで知ってくれてる! と思って、嬉しくなったんです(笑)。発想の転換ですね。条件反射でいらついたり、傷ついたりするのではなく、発想の転換でいくらでもポジティブに捉えられる。そういうコメント一つ一つからでも気づきを得られると、僕は思います」

――なるほど。もちろん、度を越えた誹謗中傷は許容すべきではありませんが、どうしても目に入るアンチ意見にどんな受け止めをするか、羽根田選手の発想は競技をする上でもメンタルコントロールにも生きてきそうですね。

1 2

羽根田 卓也

リオ五輪カヌー銅メダリスト THE ANSWER スペシャリスト

1987年7月17日生まれ。愛知・豊田市出身。ミキハウス所属。元カヌー選手だった父の影響で9歳から競技を始める。杜若高(愛知)3年で日本選手権優勝。卒業後にカヌーの強豪スロバキアに単身渡り、スロバキア国立コメニウス大卒業、コメニウス大学院修了。21歳で出場した2008年北京五輪は予選14位、2012年ロンドン五輪は7位入賞、2016年リオ五輪で日本人初の銅メダル獲得。以降、「ハネタク」の愛称で広く知られる存在に。東京五輪は10位。2022年1月、パリ五輪を目指し、現役続行することを表明した。175センチ、70キロ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集