[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

闘莉王が日本代表に説く“弱者の戦術”「規律、謙虚さ、チームメートに対する信頼」

南アフリカ大会直前のミーティングで飛ばした猛ゲキ

 大会直前にスイスのキャンプ地ザースフェーで行われた選手ミーティングで「俺たちは弱い。下手くそなりに闘わなければワールドカップでは勝てない!」と檄を飛ばし、堅守速攻で躍進したチームの揺るがぬコンセプトとなった。

【注目】1秒を削り出す駅伝競技 過酷なチーム競技で支持されるボディメンテ ゼリーとは

 下馬評が低く、結果が出ていないという点で8年前と状況は近いが、必ずしも同じではないという。

「あの時はユウジさん(中澤佑二)と自分が後ろにいた。阿部(勇樹)もアンカーに入って、守備の堅さという拠り所はあったと思う。今は何をベースにすべきか。本当に難しい状況ですが、自分はまず守備だと思います。日本はまだ世界の舞台で相手を圧倒できるようなチームではない。失点したら試合には勝てない。グループステージは最大で勝ち点9。相手に勝ち点3を与えないチームマネジメントというものも、ワールドカップにはあると思います」

 未だ4バックか3バックか定まらない緊急事態で、一刻も早く守備のベースを固めることが最優先事項と持論を展開した。

 そして、グループステージ敗退に終わった14年ブラジル大会の過ちだけは繰り返さないように提言している。

「日本代表はブラジル大会の前も同じ失敗を犯しています。2006年ドイツ大会では、“自分たちのサッカー”をやろうとしました。自分たちがアクションを起こして、試合の主導権を握ろうとするサッカーです。しかし、日本は強豪国相手にいつでも何点も取れるチームではない。あの時のジーコ監督の中盤には、素晴らしい選手そろえていた。ただ、世界には上には上がいる。そういう結果になってしまった」

「2010年は自分たちのやりたいサッカーを我慢した。相手にサッカーをやらせないという方向に転換したことで、多少の結果は出せたと思う。14年にはまた“自分たちのサッカー”で、あんな残念な結果になってしまった。言葉は悪いかもしれないですけど、味方の尻を拭くぐらいの戦いをしなきゃいけない。それがワールドカップにおける、日本の戦い方だと思います」

「4年に1度の戦いです。サポーターが注目してくれるサッカー界にとって大事な舞台です。1回の失敗を教訓にしなければいけない。ブラジルで痛い目を見た。そこから勉強しないといけない」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集