[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本初の「ガチ勝負」 アイスホッケー・トップリーグ王者VS大学王者が実現した背景

8月14日、氷都・苫小牧を舞台に日本アイスホッケー界初の試みが行われる。この日開催されるのは「レッドイーグルス北海道プレシーズンゲーム2022『ブリングアップチャレンジマッチ』レッドイーグルス北海道vs東洋大学」。昨季のアジアリーグ覇者・レッドイーグルス北海道(以下イーグルス)、昨季大学3冠(秩父宮杯・リーグ戦・インカレ優勝)を果たした東洋大という“2トップ”が本気でぶつかり、火花を散らす。

アジアリーグ2021年度王者となったレッドイーグルス北海道が大学覇者を迎え撃つ【写真提供:レッドイーグルス北海道】
アジアリーグ2021年度王者となったレッドイーグルス北海道が大学覇者を迎え撃つ【写真提供:レッドイーグルス北海道】

8月14日に氷都・苫小牧で有観客でのプレシーズンゲームを実施

 8月14日、氷都・苫小牧を舞台に日本アイスホッケー界初の試みが行われる。この日開催されるのは「レッドイーグルス北海道プレシーズンゲーム2022『ブリングアップチャレンジマッチ』レッドイーグルス北海道vs東洋大学」。昨季のアジアリーグ覇者・レッドイーグルス北海道(以下イーグルス)、昨季大学3冠(秩父宮杯・リーグ戦・インカレ優勝)を果たした東洋大という“2トップ”が本気でぶつかり、火花を散らす。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 これまでアイスホッケー界では、無観客の練習試合としてトップリーグチームと大学生チームが対戦することはあったが、有観客のプレシーズンゲームとしての開催は今回が初めて。実現した背景には、イーグルスを率いて4年目の菅原宣宏監督と、東洋大で10年目を迎える鈴木貴人監督に共通する、アイスホッケー界に対する熱い想いがあった。

 菅原監督と鈴木監督は、駒大苫小牧高の同級生。アイスホッケー部で濃厚な時間を共有した気の置けない仲間だ。イーグルスの前身・王子製紙が拠点とした苫小牧で育ち、小学生の頃からリンク上で鎬を削ってきた。小中学生だった1980年代は王子製紙が10シーズンで8度優勝する全盛期で、1998年長野五輪の頃までアイスホッケーが高い人気を誇っていた記憶が鮮明に残る。

 2人は「今でも8割はホッケーの話」(鈴木)だと言い、日頃から日本のアイスホッケーを強化するにはどうしたらいいか、盛り上げるための策はないかなどを話す中で、今回のプレシーズンゲームが実現した。

鈴木「こういうアイディアは、これまでなかったわけではないと思います。ただ、こんなことはあり得ないだろうという、今までのスタンダードが強かった。現在はトップチーム全てがクラブチーム化したので、自立してホッケー界をなんとかしていかなければいけないと考えるチームや関係者が増えてきたことによって、この企画が実現したんだと思います」

菅原「2021年に私たちが実業団からクラブチームとなり、全5チームがクラブチーム化したことで興行を打ちやすくなったことは大きな要因です。ただ、やはり今までアイディアはあっても、実現に向けて一歩踏み出さなかったこともある。日本のアイスホッケー界は昔に比べると低迷しているので、国内ではトップチームに次ぐレベルの大学リーグを強化することが、アイスホッケー界全体の発展のために重要だと思っています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集