[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

合格率3%台、難関プロテスト受験は「最後」 小祝さくらと共に育った四村彩也香の覚悟

国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月からプロテストが実施される。合格率3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいるが、5度目の受験となる四村彩也香(しむら・さやか)は、「今回が最後」と決めている。6歳からゴルフを始め、ツアープロを目指してきた。過去4度は壁に阻まれたが、今回は新コーチ、新トレーナーからの指導も力に全てを懸ける。22歳の覚悟を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

5度目のプロテストに挑む四村彩也香の覚悟とは【写真:本人提供】
5度目のプロテストに挑む四村彩也香の覚悟とは【写真:本人提供】

1次予選は8月3日~、最終合格者は11月4日に決定

 国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月からプロテストが実施される。合格率3%台の超難関。何度も跳ね返されている選手が数多くいるが、5度目の受験となる四村彩也香(しむら・さやか)は、「今回が最後」と決めている。6歳からゴルフを始め、ツアープロを目指してきた。過去4度は壁に阻まれたが、今回は新コーチ、新トレーナーからの指導も力に全てを懸ける。22歳の覚悟を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 四村は自ら退路を断った。7月17日放送のBS日テレ「ゴルフの翼 NEXT SATGE」に出演し、終了間際に「次(のテストが)最後と決めています」と宣言した。反響は想定外に大きかったという。

「いろんな方から『あんなことを宣言していいの』と言われました。母親も『もう、やめちゃうの?』と言っていました。私は(番組で)次で受かって、ツアーで活躍したいとも言っているので、『やめちゃうの?』はないでしょと思いました(笑)」

 まだ22歳。25歳以上のテスト受験者も珍しくない中、「これで最後と決めるのはもったいない」の声も届いたという。だが、四村には信念があった。

「前から22歳までと決めていました。大学に進学していたら、ちょうど卒業の年です。ゴルフが好きでここまで続けてきましたが、高校卒業をしてスポンサーさんにお世話になる時も、そのように説明をさせていただいたので」

 四村は父親の影響で小1の6歳からクラブを握った。通っていた小学校の近くにあるゴルフスクールで指導を受け、同じ地域で育った小祝さくら、山田彩歩、内田ことこ、阿部未悠らと腕を競い合った。

「プロを目指すことが当然の環境で、みんなで大会に出ていました。高校までは勝ったり、負けたりでしたね。ただ、さく(小祝)だけが抜けた存在でした」

 1学年上で“黄金世代”の小祝は、高校卒業後の2017年度テストで一発合格を果たした。そして、コロナ禍の影響で昨春に延長実施された20年度テストでは、同じく1学年上の山田が4度目で合格。1学年下で“プラチナ世代”の阿部も2度目で、3学年下の内田は一発合格となった。対して四村は、高校卒業後から挑戦を始め、18年度、19年度のテストは1次予選不通過。20年度テストは2次予選不通過、昨秋に実施の21年度テストは2次予選第3日に右手親指痛で棄権した。

「他にも同じスクール生だった選手で未合格者はいますが、正直、取り残された感じはあります。特に年下の選手が受かってからは焦りもあります」

 昨年からは、北海道を離れて茨城県内で一人暮らしを始めた。冬も存分に練習ができる環境を求めてのことだった。

「地元の先輩からPGM石岡GCを紹介していただきました。それと、関東だと試合の機会が多いというメリットがあります。テストで力を発揮するには、緊張感のある試合に出ることが大事なので」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集