[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「赤鬼」と呼ばれたトルシエの素顔 通訳が語る緻密さ、訳しながら“鳥肌が立った”瞬間

緻密なミーティングの台本、毎回「リハーサルをしていた」

 トルシエが激情家の指揮官だったことは間違いないが、それは情熱があればこその行動であり、一方でチームをコントロールするリーダーとして“緻密さ”も持ち合わせていた。それが垣間見えたのが、試合当日に行われるミーティングだったという。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「監督にとっては日々の練習メニューを組み、試合前に選手へ向けてスピーチをするのが、チーム作りの集大成と言える場。指揮官としての醍醐味だから、やっぱり通訳としてその場にいても楽しいし、15分間の戦略ミーティングで自然と感情も溢れ出てきます。

 フィリップは本当に上手でした。その後のヨーロッパの監督で言うと、(ジョゼ・)モウリーニョのようなタイプ。スピーチのリズムだったり、話の持っていき方など本当に選手たちのハートを掴むのが上手かった。彼には、そういう演出の才能があったんです。映画や舞台で言えばフィリップが監督であり脚本家だから、僕はただ彼が考えたシーンを役者として演じるだけでした」

 緻密に練り上げられたミーティングの“台本”。それを基に、2人は毎回「リハーサルをしていた」という。

「毎回、徹底的にやっていましたね。スピーチの内容、キーワードも決まっていて、話の持っていき方なども確認していました。即興はゼロでしたね。

 ただ、フィリップが上手いなと思うのは、スターティングイレブンはリハーサルの時には言わないんです。それはコーチも同じで、事前に意見は聞くけど、その場では言わない。僕もコーチも、あの試合当日のミーティングで初めて知る。だから日韓ワールドカップのトルコ戦でも、フィリップがホワイトボードにアレックス(三都主アレサンドロ)、西澤(明訓)と名前を書いた時に内心“おーっ”となって、訳しながら鳥肌が立ちました(笑)」

 本番に向けてチームを戦闘モードにするためのミーティングで、自らシナリオを書き、スタッフにも緊張感を漂わせるために気を配る。「赤鬼」と呼ばれたトルシエ監督は、選手やスタッフの心理をコントロールする緻密な演出家でもあった。

(第3回へ続く)

【第1回】就職3か月でトルシエの通訳へ ダバディの運命を変えた“Jリーグ愛”と「根拠なき自信」

■フローラン・ダバディ / Florent Dabadie

 1974年11月1日生まれ、フランス・パリ出身。パリのINALCO(国立東洋言語文化学院)日本語学科で学び、卒業後の98年に来日し映画雑誌『プレミア』の編集部で働く。99年から日本代表のフィリップ・トルシエ監督の通訳を務め、2002年日韓W杯をスタッフの1人として戦った。フランス語、日本語など5か国語を操り、02年W杯後はスポーツ番組のキャスターや、フランス大使館のスポーツ・文化イベントの制作に関わるなど、多方面で活躍している。

(THE ANSWER編集部・谷沢 直也 / Naoya Tanizawa)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集