[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

BMX内野洋平が「今」にこだわるワケ X Gamesの大舞台で伝えたいメッセージ

4月22日から3日間の日程で、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催される「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」。日本に初上陸する世界最大のストリートスポーツイベントに照準を合わせ、神奈川・寒川町にあるパーク「THE PARK SAMUKAWA」で練習に励んでいるのが、BMXフラットランドの内野洋平だ。

内野洋平が日本初開催の「X Games」への出場に現在の心境を語る【写真:荒川祐史】
内野洋平が日本初開催の「X Games」への出場に現在の心境を語る【写真:荒川祐史】

インビテーションが届く前から練習開始「準備はしますよね?」

 4月22日から3日間の日程で、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催される「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」。日本に初上陸する世界最大のストリートスポーツイベントに照準を合わせ、神奈川・寒川町にあるパーク「THE PARK SAMUKAWA」で練習に励んでいるのが、BMXフラットランドの内野洋平だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 X Gamesが産声を上げた1995年当時は競技種目だったBMXフラットランドだが、2003年を最後に除外され、今回19年ぶりに復活を果たす。一度は消えたX Games出場の夢が、生まれ育った日本で実現することとなったのだから、百戦錬磨の内野でも気合の入り方はハンパない。

「大会のインビテーションが届いたのは年明け早々ですね。でも、その前からX Gamesの開催は発表されているんだから準備はしますよね? 1日7、8時間ずつ練習していたら、自然に体重が7キロ落ちてました。普通の現役アスリートが7キロ絞るって考えられないと思うんですよ。まあ、真剣に練習始める前がダボダボやったんでしょうね(笑)」

 名誉のために加えておくと、内野は普段から大会前後では体重が大きく増減するタイプ。7キロ減は今までにもあったことで、練習をサボっていたわけでもない。ただ、昨年はそこまで体重が増えたわけではなかったので「ビックリしましたね」と話す。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、2020年1月に名古屋で行われた「CHIMERA A-SIDE THE FINAL」を最後に大会出場から遠ざかっていた。大会に向けての準備は「一気に詰め込むタイプ」を自称するが、今回はおよそ2年ぶりの大会。そして何より憧れのX Gamesということで、大会の半年前から準備を始めた。「半年は長いですね」と笑う一方、本番まで50日を切る中で「自分のライディングの内容と日数を考えると、ぶっちゃけ足りない。あと1か月あれば」との言葉も漏れる。

 出場する大会はすべて「基本的に新しいトリックでいくんで」。これまで溜めておいた数々のアイディアの中から「これは大会で使えそう」「これはちょっと厳しいか?」と大会で使うトリックを取捨選択。本番までの期間で何度も何度も練習し、ブラッシュアップしていく。だが、時には選択を誤ることもあるという。

「大会で使えなくもない、と思ってチョイスしたけど間違っていた時が大変。今も1個あるんですよ。もう3か月も毎日練習しているけど、成功率がなかなか上がらないものが。徐々に完成度は上がっているけど、大会に出すレベルまで上がらないかもしれない。こういうトリックが本番で決まると、その喜びはハンパないですけどね」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集