[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑は「金メダル大本命」 葛西紀明が語るライバル4人と「無敵」復活への期待

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。今回は5日から競技が始まるノルディックスキーのジャンプ男子について、“レジェンド”葛西紀明(土屋ホーム)の視点を紹介する。

小林陵侑は「一番の金メダル候補」と葛西紀明は期待する【写真:AP】
小林陵侑は「一番の金メダル候補」と葛西紀明は期待する【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#11 葛西紀明がジャンプ男子を展望

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。今回は5日から競技が始まるノルディックスキーのジャンプ男子について、“レジェンド”葛西紀明(土屋ホーム)の視点を紹介する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 冬季五輪に史上最多8回出場している葛西は、所属先の後輩である小林陵侑(土屋ホーム)について「一番の金メダル候補」と期待。ライバル4人の名前も列挙したなかで、五輪の舞台を熟知するレジェンドが優勝へのポイントを語った。(取材・文=小林 幸帆)

 ◇ ◇ ◇

 ノルディックスキーのジャンプ男子で金メダルの大本命と目されるのが、2度目の五輪に挑む小林陵だ。

 2018年平昌五輪の翌シーズンに記録的な強さで日本男子初のワールドカップ(W杯)総合王者となった25歳は、今季W杯でも個人19戦を終えて最多の7勝。W杯総合順位こそ2位だが、スーツの規定違反による失格と新型コロナウイルス感染で3試合欠場していることを考えれば、“実質”総合首位と言っても過言ではないだろう。年末年始のジャンプ週間では、惜しくも史上初となる2度目の「全勝優勝」は逃したが総合優勝を飾り、1998年長野五輪の船木和喜以来となる個人での金メダルに大きな期待がかかる。

 男子個人はノーマルヒル(NH)とラージヒル(LH)の2戦が行われるが、現在のW杯はLHと200メートル以上の飛距離が出るフライングヒルで行われており、NHはシーズンに1大会あるかどうか。今季もNHは北京五輪のみだ。自己最長飛距離252メートルで歴代2位タイの記録保持者でもある小林陵は、台が大きいほど好きだと言うが、昨季のW杯NHでは優勝している。

 所属先の土屋ホームで選手兼任監督を務める葛西紀明は、小林陵を「一番の金メダル候補」と言い、ライバルとしてカール・ガイガー、マルクス・アイゼンビヒラー(ともにドイツ)、ハルボルエグネル・グラネル(ノルウェー)、アンジェ・ラニシェク(スロベニア)の4人を挙げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集