[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モーグル堀島行真が体操とフィギュアスケートを始めた理由 影響受けた2人のレジェンド

堀島選手が特に大きなリスペクトを抱く他競技のトップ選手2人とは【写真:トヨタ自動車提供】
堀島選手が特に大きなリスペクトを抱く他競技のトップ選手2人とは【写真:トヨタ自動車提供】

体つきから立ち姿まで「全てが勝つに相応しい」と尊敬する2選手とは

 モーグルを上手くなりたい、モーグルを極めたいと取り組む中で、他競技のトップ選手から刺激を受けることもある。堀島が特に大きなリスペクトを抱いているのが、体操の内村航平、フィギュアスケートの羽生結弦の2人だ。

「同じ選手という立場から見て、お2人の共通点は大会に対するアプローチや準備を人より深く取り組んでいるところにあるように思います。本当に細かいところまで。技術でも本当に細かな技術まで高めようとしているんじゃないかと。そこを妥協せず、もっともっとと突き詰めていくから、大会でしっかり結果に繋がるんだろうなと思います」

 競技を代表するトップ選手になってもなお、そこに妥協が生まれることはない。

「おそらく、これ以上できない、と思う以上のところまでやっているんだろうなと。だからこそ、トップにいて当然の存在なんだと思います。体つきも無駄がないし、立ち姿も骨格上正しい。全てが勝つに相応しく行動できている。そういう点を尊敬していますし、なぜそういう考え方になったのか、どうしてそのプロセスを踏めているのか、お2人のインタビューや練習風景をメディアで拝見する時は気にするようにしています」

モーグルを極めるため、体操とフィギュアスケートにも取り組んでいるという堀島選手【写真:トヨタ自動車提供】
モーグルを極めるため、体操とフィギュアスケートにも取り組んでいるという堀島選手【写真:トヨタ自動車提供】

 内村とも羽生とも直接話をしたことはないというが、もし対面することが叶えば「多分、質問攻めにしてしまうと思います」と少年のような笑顔を浮かべる。

「もしお会いした時にいっぱい質問ができるように、実は僕、昨年の夏には体操を始めたり、フィギュアスケートにも挑戦してみたりしています。自分がやったことがあれば、フィギュアスケートでの感覚を聞けるじゃないですか。どういうことを技術として考えて取り組んでいるのか、ヒントにできるなと。だから、もしお会いして質問できる時のために、体操やフィギュアスケートをやって、お2人の感覚に近づけるアプローチをしています」

 いつか訪れるであろう対面の日に向けて、実際にそれぞれの競技に取り組んでしまう行動力には脱帽だ。だが、こういった行動も全てはモーグルを極めるためのものだ。

「モーグルに生かしたいんです。内村選手から学んだことをモーグルに採り入れたらすごく面白いだろうし、羽生選手から学んだことをモーグルで実践したら要素の厚みと幅が増す。モーグルなのに体操の動きやフィギュアの動きも入っている。そんな選手になれたら面白いと思うんですよね」

 そう言って目を輝かせる姿から溢れるのは、ただただモーグルが楽しいという純粋な気持ちだ。

 平昌で味わった喪失感をバネに、選手として大幅なスキルアップを図り、円熟味を増した今。結果以上に競技の楽しさと充実感を追い求める堀島が、北京で大仕事を果たしてくれそうな予感がする。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集