[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モーグル堀島行真が体操とフィギュアスケートを始めた理由 影響受けた2人のレジェンド

2022年2月4日に開幕する北京オリンピック。昨年夏の東京オリンピックに続き、日本勢の活躍が期待される中、金メダル候補として注目されるのが、フリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真だ。

北京オリンピックの金メダル候補として注目されるフリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真選手【写真:トヨタ自動車提供】
北京オリンピックの金メダル候補として注目されるフリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真選手【写真:トヨタ自動車提供】

平昌五輪では失意の11位「続けるのであればポジティブな気持ちで」

 2022年2月4日に開幕する北京オリンピック。昨年夏の東京オリンピックに続き、日本勢の活躍が期待される中、金メダル候補として注目されるのが、フリースタイルスキー・モーグル男子の堀島行真だ。

【特集】失意から立ち返ったスキーの原点 楽しさと基礎の再確認で呼んだ成長 / モーグル・堀島行真選手インタビュー(GROWINGへ)

 振り返れば、平昌オリンピックを控えた4年前も金メダル候補として名前が挙がっていた。2017年3月に開催された世界選手権ではシングルとデュアルの2種目で優勝。いきなりスポットライトを浴びることになった堀島は「金メダルだけを目指してやっていた」というが、同時に「不安な気持ちでスタートラインに立っていたのを覚えています」と振り返る。

 堀島行真とそのライバルたちを客観的な目で見た時、自分では「勝てる要素はないわけではないけど、100%勝てるわけでもない」と感じていたという。金メダルは獲りたい。でも、期待に応えられなかったらどうしよう。弱冠20歳の心は、相反する2つの気持ちで揺れていた。

喪失感が残った平昌五輪後、堀島選手は何をモチベーションとしたのか【写真:トヨタ自動車提供】
喪失感が残った平昌五輪後、堀島選手は何をモチベーションとしたのか【写真:トヨタ自動車提供】

 結果は、決勝2回目で転倒して11位。目指していた結果に手が届かず、残ったのは喪失感だった。この先、競技を続けていくには何をモチベーションとするべきか。

「競技を好きでいたかったし、続けるのであればポジティブな気持ちで続けたかった。だから、スキーが好き、スキーは楽しいっていう気持ちに目を向けることでしか続けることができなかった部分もあります」

 必要に迫られての“原点回帰”ではあったが、これが結果として選手としての飛躍的な成長に繋がるのだから面白い。難しいトリックに挑戦したり、いつもより1回多く回してみたり、採点基準にない技に挑戦してみたり、スノーボードの技を取り入れてみたり。「すごい技を自分もやってみたいなっていう、ただの好奇心だけなんですけど、それができたら楽しいし、うれしいんですよね」。

 競技者として当然、結果を求めるが、固執し過ぎては自分を窮屈にしかねない。楽しむ気持ちが心のゆとりと、成長するための余白をもたらしたのだろう。ワールドカップでは2018-19シーズン、2019-20シーズンと2季連続で総合2位となり、今季も開幕戦で3位と好スタートを切っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集