[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大久保嘉人と聞いて浮かべる「2文字」 闘莉王を今年最も熱くさせた漢の凄み

川崎フロンターレが圧倒的な強さで連覇を果たした2021シーズンのJ1リーグ。そんなシーズンを締めくくる企画として、「THE ANSWER」ではスポーツチャンネル「DAZN」とともに毎月行ってきた月間表彰で「最熱モーメント」のセレクターを務めてきた元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏に、2021シーズンを総括してもらった。

闘莉王氏が評する大久保嘉人の魅力とは【写真:Getty Images】
闘莉王氏が評する大久保嘉人の魅力とは【写真:Getty Images】

【DAZN年間表彰】サッカー界で最も熱い男・闘莉王氏が選んだ「漢を感じる熱いプレー」

 川崎フロンターレが圧倒的な強さで連覇を果たした2021シーズンのJ1リーグ。そんなシーズンを締めくくる企画として、「THE ANSWER」ではスポーツチャンネル「DAZN」とともに毎月行ってきた月間表彰で「最熱モーメント」のセレクターを務めてきた元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏に、2021シーズンを総括してもらった。

 年間表彰として闘莉王氏は、今季限りで現役引退となる元日本代表のセレッソFW大久保嘉人の今季序盤のゴールラッシュを選出。日の丸の舞台でともに戦った盟友の凄みを改めて振り返っている。(聞き手=THE ANSWER編集部)

【注目】Jリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから
 ◇ ◇ ◇

――今シーズンを振り返ってどんな感想をお持ちですか?

「フロンターレの強さが際立つだけのシーズンになった。これは正直、開幕前から分かっていたことだと思う。何節の時点で優勝するかを当てるか、そういうシーズン。三笘薫選手、田中碧選手という主力がシーズン途中に海外に移籍しても、他を寄せ付けない強さがある。いい若手も出てくるサイクルも素晴らしいので、この強さは当分続くと思う」

――今シーズンも毎月、Jリーグで最も熱くなった瞬間を選んできました。2と3月は大久保嘉人選手(C大阪)。4月は古橋亨梧(当時神戸)、5月は田中碧選手(当時川崎)、6月はイニエスタ選手(神戸)、7月は宇佐美貴史選手(G大阪)、8月は遠藤保仁選手(磐田)、9月は武藤嘉紀選手(神戸)、10月は東口順昭選手(G大阪)という選出でした。年間最熱アワードはどなたになりますか。

「本来はぶっちぎりな強さを見せたフロンターレの選手を選ぶべきでしょう。でも、強さではなく、熱くなったプレーやシーンというのが選考対象なので、別のクラブからの選出になります。大久保選手です!」

――選出の理由を教えてください。

「開幕序盤のインパクトが凄かった。ジュビロで結果がなかなか出ないところで、そもそも年齢的にJ1で活躍できるのかという疑いの声も移籍当初はあったと思う。期待と不安の視線のなか、実際にはゴールラッシュだった。特にフロンターレ戦で決めた2ゴールのうち、ミドルシュートは素晴らしかった。あれだけの熱、あれだけの盛り上がりをリーグ全体にもたらしてくれた。個人的には大いに期待していたけれど、序盤はあまりに凄過ぎて驚きしかなかった。あれができるのは、大久保嘉人しかいない」

――開幕後はリーグ戦5試合で5得点。大久保選手のプレーをどう見ていたのですか?

「去年までも、動き自体は悪くなかったと思う。彼はチーム状態に影響を受けやすいタイプ。波に乗れない時期にはいいボールが入ってこない。ゴールも入らない。チームの成績の悪さが重なると、メンバーから外れることもある。不動のストライカーと期待されても、ベンチを温めることもある。東京ヴェルディ、ジュビロと嘉人らしさがなかなか見えないなかで、居心地のいいセレッソに戻ってきた。チーム状況さえ良ければ、あれだけ得点を重ねることができる。J1通算191得点。歴代1位ですよ。今季序盤に見せた得点能力こそが、彼の真骨頂だと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集