[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 井上尚弥、米記者が見る初挑戦の価値「圧勝ならマニアだけじゃなく世界中が注目する」

井上尚弥、米記者が見る初挑戦の価値「圧勝ならマニアだけじゃなく世界中が注目する」

日本ボクシング界の至宝、井上尚弥(大橋)が5月25日に東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑むことがすでに発表されている。WBO世界ライトフライ級、スーパーフライ級を制した23歳が、15戦目にして3階級制覇に挑戦。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の初防衛戦と並び、日本では2018年上半期のハイライトと呼べるファイトと言って良い。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

モンスターは本当にマクドネルに勝てるのか、本場の米関係者を直撃

 日本ボクシング界の至宝、井上尚弥(大橋)が5月25日に東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑むことがすでに発表されている。WBO世界ライトフライ級、スーパーフライ級を制した23歳が、15戦目にして3階級制覇に挑戦。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の初防衛戦と並び、日本では2018年上半期のハイライトと呼べるファイトと言って良い。

 29勝(13KO)2敗1分1無効試合という戦績を積み上げてきた31歳のマクドネル。ほとんどの試合をイギリスで開催してきたが、2015年には亀田和毅との2連戦でアメリカのリングにも登場した。際どい判定ながら2連勝を飾った亀田戦はどちらも地上波CBSで生放送されたため、ボクシングの本場でも知名度は少なからずある。そんなマクドネルと井上の対戦を、アメリカのボクシングメディアはどう見ているのか。

「マクドネルは華々しいとはとても言えない選手だが、サイズと粘り強さは証明されている。井上がこれまでに対した中でも最高級のファイターだろう。統一戦の話が具体化しなかったことを始め、スーパーフライ級での実績は満足できるとは言えなかった。そんな後で、バンタム級ではいきなりマクドネルを選んだことで、井上は新階級ではより厳しい路線を歩むと表明したように思える」

 UCN.comのショーン・ナム記者の言葉からもわかる通り、マクドネルの底力は米メディアの間でも一定の評価はされている。パワー、スキルに特筆すべきものはなく、ボクシング熱が盛り上がるイギリスにおいて“スター”と呼べる選手ではないが、WBA王座6度防衛という実績は軽視できない。何より、特筆すべきは身長178センチ、リーチ183センチというバンタム級としては並外れたその体格だ。

1 2 3

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー