[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無敵だった短距離女王・福島千里 惹き込まれた、決して五輪を諦めない32歳の「必死」

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第17回は、陸上女子短距離の福島千里(セイコー)が登場する。2016年リオ五輪まで3大会連続五輪出場。30歳を超え、東京五輪に挑戦する姿に惹き込まれた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

6月の布勢スプリントを走る福島千里、そこには「必死」があった【写真:奥井隆史】
6月の布勢スプリントを走る福島千里、そこには「必死」があった【写真:奥井隆史】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第17回は陸上・福島千里

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第17回は、陸上女子短距離の福島千里(セイコー)が登場する。2016年リオ五輪まで3大会連続五輪出場。30歳を超え、東京五輪に挑戦する姿に惹き込まれた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

「無理」という外野の声なんて関係ない。挑戦を続ける姿に胸を打たれた。

 初夏の日差しに、心地よい風が吹いた6月6日の布勢スプリント(鳥取)。東京五輪出場を目指す32歳の福島は崖っぷちにいた。4大会連続五輪には日本選手権出場が必須。100メートルは11秒84が最低ラインだった。事実上のラストチャンスだったレース。予選11秒82(追い風2.0メートル)、決勝11秒78(追い風1.6メートル)と風にも恵まれ、3年ぶりの日本選手権出場を確実にした。

 レース後の取材では緊張から解き放たれていた。「(東京五輪へ)首の皮一枚繋がった。やっぱり何歳になっても、何度走ってもレースでミスはする」。笑った横顔には課題を見つけた充実感があった。その中で飛んだ「競技者として、やっぱり日本選手権は重要な試合という位置づけか」という問い。3年ぶり出場を称える空気感に対し、一瞬だけ表情を曇らせたように見えた。

「日本選手権と言わず、もっと上を目指したいっていうのがあるんで」

 出るのは“当たり前”の舞台なのだ。

 19歳だった08年、織田記念国際で当時の日本記録に並ぶ11秒36をマークし、一躍脚光を浴びた。好タイムを連発し、夏の北京五輪切符も獲得。日本女子の100メートル五輪出場は56年ぶりの快挙だった。陸上界に現れたヒロインは、日本選手権100メートル、200メートルともに計8度優勝。6年連続2冠を成し遂げ、100メートルは16年まで前人未到の7連覇と無敵を誇った。

 11年世界陸上では、両種目で日本女子史上初の準決勝進出。4大会連続出場を果たすと、12年ロンドン五輪、16年リオ五輪のトラックも走った。100メートルの11秒21(10年)、200メートルの22秒88(16年)の日本記録はいまだ破られていない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集