[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • サッカーマニア必見! “トーキックの魔術師”が本物のトーキックを蹴ってみた

サッカーマニア必見! “トーキックの魔術師”が本物のトーキックを蹴ってみた

サッカーW杯ロシア大会が3か月後に迫っている。15日には日本代表の欧州遠征メンバーが発表されるなど、盛り上がりを見せている。

Fリーグ・湘南ベルマーレの監督を務める奥村敬人さん【写真:荒川祐史】
Fリーグ・湘南ベルマーレの監督を務める奥村敬人さん【写真:荒川祐史】

トーキックのスペシャリスト、奥村敬人氏にその強烈すぎる一撃を見せてもらった

 サッカーW杯ロシア大会が3か月後に迫っている。15日には日本代表の欧州遠征メンバーが発表されるなど、盛り上がりを見せている。

 日本にトーキックのスペシャリストがいる。フットサル界のレジェンドで、現在はFリーグ・湘南ベルマーレの監督を務める奥村敬人さんがその人だ。実際に日本が誇る職人にトーキックを披露してもらい、「THE ANSWER」編集部がその瞬間を動画に収めた。

 ゆったりとした助走から繰り出す右足でのシュートは、まさに“強烈”の一言だ。スロー再生(2~11秒)では不規則なボールの起動や、ゆがみ具合もよくわかる。GK側の視点からの衝撃(12秒)。そしてパスを受けてからノーモーションでのシュート(13~17秒)。これが“スペシャリスト”が繰り出すトーキックの一部始終だ。

 ◇ ◇ ◇

 奥村さんにトーキックへの思いを語ってもらった。

 そもそもトーキックが持つイメージとはどういうものか。初心者が使うもの? つま先が痛くなりそう? 日本のフットサル界では、プロでもトーキックを使う選手はほとんどいないそうだが、“スペシャリスト”奥村さんは実にもったいないという。

 つま先部分で蹴るトーキック。その威力もさることながら、軌道も一定ではなくバラバラ。そして何よりの強みが、ノーモーションで繰り出すことができるため、GKの意表をつける。使いこなせば大きな“武器”となる。日本が誇る“トーキック職人”にその極意を聞いた。

「押し出して体重を乗せるというイメージ。ドライブをかけたいときはこすり上げるイメージ。球種はシチュエーションによって分けています。練習すれば、だれでもできると思いますよ。インステップキックに比べれば、トーキックはつま先で蹴ればいいだけなので、女性の方でもまず最初に上達しますね」

 練習すればだれにでもできるようになるというトーキック。初心者にこそまず勧めたいというが、そのメリットは非常に大きいものがある。

「どんなシュートが入るんだろうと考えて、トーキックが1番入ると思った。誰よりも練習したと思います。点がとれるのになんで使わないんだろうと。やっぱり(つま先が)痛いからとか、意外と蹴りづらいとか、歩幅を合わせづらいとかで。ただ間違いなくGKからすると、軌道がわかりづらい。インステップよりも、モーションが早くタイミングがとりづらい。トーキックは一番点を取りやすいんです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー