[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「やらなければ」から積み重なった自信 パラアーチェリー選手が切り拓いた道

2020年6月、パラアーチェリー世界ランキングトーナメント・ドバイ大会W1カテゴリー女子個人で優勝した際の写真 【写真提供:ESNINE】
2020年6月、パラアーチェリー世界ランキングトーナメント・ドバイ大会W1カテゴリー女子個人で優勝した際の写真 【写真提供:ESNINE】

前を向いて一歩踏み出す勇気から変わる世界

 東京パラリンピックの開催が決まった2013年。「私も出てみたい」と漠然とした思いで、自分でも取り組めそうなスポーツを探した時に出会ったのがアーチェリーだった。

 社会人になってから暮らす東京都の障害者総合スポーツセンターに出掛け、まずは体験会に参加。矢を放った時の爽快感に魅せられ、競技をはじめようと決意するが、ここからは工夫の連続だった。

 握力がなく弓を握れないため、弓をどうやって固定させるのか、矢を発射するリリーサーと呼ばれる装置はどのタイプがいいのか。初心者クラスの講師や射場で出会う仲間と、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を重ねながら最善策を模索。「今のプレースタイルにたどり着くまで、3、4年はかかりました」と笑顔を見せる。

 たゆまぬ努力と練習の結果、射形が安定。2018年秋に弓を初心者用から競技用にアップグレードすると、瞬く間に成長を遂げた。2019年に初の国際大会出場となったパラアーチェリー世界大会でW1クラスの男女ミックス戦で3位入賞。東京パラリンピックの出場権を手に入れると、本番の大舞台ではW1クラスの女子個人で5位入賞の快挙を遂げた。

 事故後に前を向かせた思いが、アーチェリーとの出会いを誘い、東京パラリンピック入賞への道を繋いだ。そして、「できる」の積み重ねで生まれた自信が、思いも寄らぬ可能性を引き寄せた。勇気を持って一歩踏み出すことで、世界が大きく変わることを実体験したからこそ、今度は誰かが一歩踏み出す手助けができたらと願う。

「私自身、四肢障害があるので『私にアーチェリーなんてできるのかな?』と思いながら始めました。だから『ちょっと自分には無理かも……』と思う障害レベルの方でも気軽に『試してみようかな』と思える発信ができたらいいと思います」

「できる」のカギを握るのは、他でもない自分自身。これからも自らの可能性をさらに大きく広げつつ、誰かの勇気や希望になるような活動を続けていく。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集