[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元サッカー日本代表GKも協力 被災地の子供たちを支援する画期的取り組み

2006年のドイツワールドカップにも選出された名手は現在、「東北『夢』応援プログラム」の「夢応援マイスター」として福島県いわき市の小学生ゴールキーパーに指導を重ねている。

20161028_doi

元日本代表GKの土肥氏も参加する「東北『夢』応援プログラム」

 2011年3月11日の東日本大震災から5年以上経過した。東北への支援活動が徐々に減少傾向となる中、今年3月に公益財団法人東日本大震災復興支援財団が未来の東北を担う人材育成を目的として「東北『夢』応援プログラム」を立ち上げた。

 同プログラムは夢や目標に向かう東北の子供たちを応援し、計画的な練習や成長をサポートすることをコンセプトに掲げている。この取り組みに多くのアスリートが賛同。元トップ選手や東北出身の選手、これまで独自に支援を続けてきた選手など様々で、その中にはサッカーの元日本代表GKもいる。現在、J2の東京ヴェルディ1969のGKコーチを務める土肥洋一氏だ。

 2006年のドイツワールドカップにも選出された名手は現在、同プログラムの「夢応援マイスター」として福島県いわき市の小学生ゴールキーパーに指導を重ねている。J1復帰を目指すトップチームの指導、強化に携わりながら、東北の子供たちを指導できるのはこのプログラムが「スマートコーチ」と呼ばれる遠隔指導ツールを使用しているからだ。

「このプログラムはすごく斬新ですね。個人差がありますが、変化が出てきている子もいます。自ら進んで挑戦する子は、練習している分、『夢宣言イベント』で初めて会った時よりも、キャッチングが上達してきています。キャッチングは基礎だから、その後の積み重ねも上手くいっています」

 土肥氏はそう語る。

1 2

土肥 洋一

東京ヴェルディ トップチームGKコーチ

日本サッカー協会公認A級コーチジェネラルライセンス取得

1973年7月25日、熊本県熊本市出身。
熊本県立大津高校卒業後、1992年にJFL日立製作所サッカー部(現J1柏レイソル)と契約。
2000年FC東京に移籍し、開幕戦より216試合フルタイム出場を果たす(当時のJリーグ記録)。
04年にはナビスコ杯MVP、Jリーグベストイレブンを受賞。
2008年東京ヴェルディ1969に移籍。2012年の現役引退後は、ヴェルディ育成GKコーチに就任。2014年9月よりヴェルディトップチームのGKコーチを務めている。
J1通算341試合出場、J2通算97試合に出場、Jリーグ功労選手賞も受賞している。
日本代表として国際Aマッチ4試合に出場。2006年ドイツW杯メンバー。

プロトレーナー木場克己氏とともに東京都国分寺市内で、アスリートらのコンディション調整、治療、指導などを行う「株式会社アスリートウェーブ」を経営している。

URL:http://athlete-wave.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集