[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳・勝みなみを支えた昭和の名台詞 号泣の車中、母が伝えた「涙は心の汗なのよ」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われ、23歳の勝みなみ(明治安田生命)が6バーディー、1ボギーの66で回り、通算14アンダーで悲願のメジャー初優勝を達成した。ツアーを引っ張る黄金世代の代表格。アマチュア時代から何度も涙を流してきたが、54歳の母・久美さんにもらった“昭和の名台詞”に救われていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

悲願のメジャー初優勝を達成した勝みなみ【写真:Getty Images】
悲願のメジャー初優勝を達成した勝みなみ【写真:Getty Images】

勝みなみを支えた母の言葉とは

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われ、23歳の勝みなみ(明治安田生命)が6バーディー、1ボギーの66で回り、通算14アンダーで悲願のメジャー初優勝を達成した。ツアーを引っ張る黄金世代の代表格。アマチュア時代から何度も涙を流してきたが、54歳の母・久美さんにもらった“昭和の名台詞”に救われていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

◇ ◇ ◇

 よく泣く。アマ時代の勝はそんな印象だった。高校3年だった2016年6月のニチレイレディス。単独首位でアマ2勝目に王手をかけて最終日を迎えたが、申ジエに逆転負けを喫した。悔し涙が止まらない。帰りの車中、母・久美さんの言葉に支えられた。

「涙は心の汗なのよ。もっとたっぷり流しなさい」

 1年後の最終プロテスト。まだ無名だった渋野日向子、新垣比菜と同組で回った。逸材の多い1998年度生まれの黄金世代。当時の世代筆頭は、15歳293日でツアー史上最年少優勝を果たした勝だった。最も注目を集め、“受かって当然”の重圧。第2日まで当落線上をさまよい、人には見られまいと帰りの車中でまた涙した。

 久美さんに励まされ、なんとか一発合格。「母がいるのは心強い」。囲み取材では「世界一、愛されるプレーヤーになりたい」と明るい笑顔でプロの抱負を語った。何度も取材していたが、勝の口から初めて聞いた言葉。「いつ頃からそう思うようになったのか」ときっかけを問うと、19歳は突如声を詰まらせ、ポロポロと泣き始めた。

「藍さんが引退されて……これからは私がやらなきゃって思って……」

 2か月前に宮里藍さんが引退を発表したばかり。勝たちは“藍ちゃんフィーバー”をきっかけにゴルフを始め、憧れた世代である。時代を築いたゴルフ界の顔。「藍さんにはなれないけど、藍さんに近い選手を目指していきたい」。次世代を引っ張る自覚と決意に満ちていた。

 プロ転向後もプレーオフに敗れると、涙が頬をつたった。仲のいい新垣のプロ初優勝でも感涙。悔しくて泣く、嬉しくて泣く。「心の汗」をたっぷりと流し、成長してきた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集