[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界8000万人の難民の希望背負って イラン人選手が国籍失っても、もう一度夢見たメダル

1回戦の相手は奇しくもイラン代表の元チームメートだった

 奇しくもアリザデの1回戦の相手は、イラン代表の元チームメート、ナヒド・キアニだった。キアニのコーチ、メフロ・カムラニは2年前までアリザデのコーチでもあった人だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 カムラニは言う。

「大変な日でした。2人は元チームメートで、友達だったんです。彼女たちがこの試合でどれだけのプレッシャーを背負っていたか、想像できますか?」

 アリザデは、ただ勝つことだけに集中した。自分を証明するために、どうしてももう一度メダルを獲らなければならなかった。

 たとえ国籍がなくなっても、一人の競技者であることを証明したかった。差別を受け、人権を侵害され、知らない国で難民となった。

「一競技者として、女性として、人間として、リスペクトされることが、とても重要なんです」(アリザテ)

 アリザデは、18-9で元チームメートのキアニを下し、2回戦に駒を進めた。2人とも、試合後の記者会見に出席しなかった。

 2回戦でアリザデは、これまでオリンピックで2連覇をしている英国代表のジェード・ジョーンズを破った。一夜にして、彼女はメディアの注目を集め、難民選手団初のメダル獲得の期待はグッと高まった。

 しかし、アリザデは次の準決勝と、銅メダルを懸けた3位決定戦でどちらも敗れ、彼女の夢は潰えた。

 敗戦の後、アリザデは無観客の会場を一周した。

 イランの国旗を振りながら。

(井本直歩子 / Naoko Imoto)

1 2 3

井本 直歩子

3歳から水泳を始め、小学6年時に50m自由形で日本学童新記録を樹立。中学から大阪イトマンに所属。近大附中2年時、1990年北京アジア大会に最年少で出場し、50m自由形で銅メダルを獲得。1994年広島アジア大会では同種目で優勝する。1996年、アトランタ五輪に出場。千葉すず、山野井絵理、三宅愛子と組んだ4×200mリレーで4位入賞。2000年シドニー五輪代表選考会で落選し、現役引退。スポーツライター、橋本聖子参議院議員の秘書を務めた後、国際協力機構を経て、2007年から国連児童基金職員となる。2021年1月、ユニセフを休職して帰国。3月、東京2020組織委員会ジェンダー平等推進チームアドバイザーに就任。6月、社団法人「SDGs in Sports」を立ち上げ、アスリートやスポーツ関係者の勉強会を実施している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集