[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トップリーグとは何が違うの? 明らかになったラグビー新リーグ「リーグワン」の全容

ラグビーの国内新リーグの概要が16日に発表された。18シーズンに渡り日本ラグビーを牽引してきたトップリーグ(TL)に替わり、来年開幕するリーグの名称は「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビーリーグワン)」。参入チームの呼称も同時に発表され、24チームが3つのディビジョンに分かれて、複数総当たりのリーグ戦を繰り広げる。開幕戦が1月7日に行われることも明らかになった。国内リーグとして定着してきたTLを敢えて廃して設立した新リーグが目指すものは何なのか。リーグワンが思い描く未来と課題を考える。(文・吉田宏)

来年開幕するリーグの名称「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビーリーグワン)」が会見で公表された。
来年開幕するリーグの名称「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビーリーグワン)」が会見で公表された。

吉田宏記者のコラム、「リーグワン」が描く未来と課題を考察

 ラグビーの国内新リーグの概要が16日に発表された。18シーズンに渡り日本ラグビーを牽引してきたトップリーグ(TL)に替わり、来年開幕するリーグの名称は「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビーリーグワン)」。参入チームの呼称も同時に発表され、24チームが3つのディビジョンに分かれて、複数総当たりのリーグ戦を繰り広げる。開幕戦が1月7日に行われることも明らかになった。国内リーグとして定着してきたTLを敢えて廃して設立した新リーグが目指すものは何なのか。リーグワンが思い描く未来と課題を考える。(文・吉田宏)

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 ◇ ◇ ◇

 ファン待望の新リーグ「リーグワン」が、ようやく全容を見せ始めた。昨年1月から段階的に概要が示されてきたが、会見で初めてリーグ名称を公表。チームのディビジョン振り分けも決まり、開幕へ向けて大きなステップを踏み出した。

 リーグワンは、4つの実現するべきミッションを掲げている。

・ファンが熱狂する非日常空間の創造
・地元の結束、一体感の醸成
・日本ラグビーの世界への飛躍
・社会に貢献する人材の育成

 ミッションの内容を見ると、その多くは2019年ワールドカップ(W杯)日本大会がもたらした遺産を継承しようというものだ。1つの大会では一過性に終わるものを、継続性のあるリーグが引き継ぎ、発展させていこうという思いが読み取れる。このようなミッションも踏まえて、リーグワンがターゲットの中枢に据えるのが普及と強化だ。具体的にいえば、段階的にプロ化へ移行することによるファンの開拓、拡大と、日本代表の競技力向上こそが、新リーグへ舵を切った最大の理由になる。

 参入チームは24。当初発表された25チームからコカ・コーラレッドスパークスの廃部で1チーム減となった。最上位リーグとなるディビジョン1に12、同2、3の6チームの振り分けも明らかになった。各チームの新たな呼称と、ディビジョン分けは下記の通りだ。

▼ディビジョン1
・グリーンロケッツ東葛(千葉・我孫子、柏、松戸、流山、野田、鎌ヶ谷各市)
・シャニングアークス東京ベイ浦安(千葉・浦安市と周辺地域、※仙台市)
・NTTドコモレッドハリケーンズ大阪(大阪市)
・クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(東京・江戸川、中央区、千葉・市川、船橋、千葉、市原、成田各市)
・コベルコ神戸スティーラーズ(兵庫・神戸市)
・埼玉ワイルドナイツ(埼玉県)
・静岡ブルーレヴズ(静岡県)
・東京サンゴリアス(東京都、港区、府中、調布、三鷹各市)
・東芝ブレイブルーパス東京(東京都、府中、調布、三鷹各市)
・トヨタヴェルブリッツ(愛知・豊田、みよし、名古屋各市)
・横浜キヤノンイーグルス(神奈川・横浜市、※大分県)
・ブラックラムズ東京(東京都、世田谷区)

▼ディビジョン2
・釜石シーウェイブス(岩手・釜石市)
・花園近鉄ライナーズ(東大阪市、大阪府)
・日野レッドドルフィンズ(東京・日野市、八王子市および周辺地域)
・スカイアクティブズ広島(広島県)
・三重ホンダヒート(三重県)
・三菱重工相模原ダイナボアーズ(神奈川県、相模原市)

▼ディビジョン3
・九州電力キューデンヴォルテクス(調整中)
・クリタウォーターガッシュ昭島(東京・昭島市)
・清水建設江東ブルーシャークス(東京・江東区)
・中国電力レッドレグリオンズ(広島県)
・豊田自動織機シャトルズ愛知(愛知県)
・宗像サニックスブルース(福岡・宗像市)
(カッコ内はホストエリア、※はセカンダリーホストエリア)

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集