[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バドミントン世界1位ペアの「パートナー論」 解散と再結成を経て強くなった2人の関係

バドミントン女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花ペア(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、「パートナーに掛けられた忘れられない言葉」について語った。世界ランク1位で東京五輪金メダル候補とされるフクヒロ。一時的に解散した経験のある最強ペアには、互いに寄り添い合う関係性があった。2人が相手に掛けられた言葉から「パートナー論」を探る。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

福島(左)と廣田、パートナーに掛けられた「忘れられない言葉」とは【写真:Getty Images】
福島(左)と廣田、パートナーに掛けられた「忘れられない言葉」とは【写真:Getty Images】

東京五輪金メダル候補が語る「パートナーに掛けられた忘れられない言葉」

 バドミントン女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花ペア(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、「パートナーに掛けられた忘れられない言葉」について語った。世界ランク1位で東京五輪金メダル候補とされるフクヒロ。一時的に解散した経験のある最強ペアには、互いに寄り添い合う関係性があった。2人が相手に掛けられた言葉から「パートナー論」を探る。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

「パートナー」。共同で何かをする相手のほか、時には交際相手や配偶者のことをこう呼ぶ。家族よりも長く、密接な関係になる人もいるだろう。そんな大切な存在に何を思い、どう接するのか。金メダルを狙う2人にも意識していることがある。

 27歳の福島と26歳の廣田。1学年違いの2人は高校卒業後、同じ実業団に入ったことでペアを結成した。「パートナーに掛けられた言葉で嬉しかったこと、支えになったものはありますか」。それぞれに同じ質問を投げかけると、2人は同じ時期を思い浮かべた。

 リオ五輪出場を逃し、2016年4月にペアを解消。息が合わず、スタッフに勧められて別々の道を歩むことになった。「自分の意見をずっと言うばかり」とコミュニケーションが不足しがちだった福島と、「自分が悪いから」と気持ちを表現しなかった廣田。あべこべな関係だった。

 約3か月間の一時的な解散が転機となった。空白期間を経た後、2人の間で交わされたやり取りが今の強さに繋がっている。

 廣田が忘れられないのは「廣田はもっと自信を持っていいんだよ」という言葉だ。共同生活をする遠征中。同じ部屋で寝泊りする中、弱気になった姿を見かねた先輩に掛けられた。もともと引っ込み思案の廣田はこう振り返る。

「自分は不器用なので、なかなか自分に自信が持てなかったです。ネガティブになったり、自信が持てなくなったりした時に言われました。『廣田にしかできないことがあるし、ここは凄く廣田の強みだから』って。嬉しかったのを覚えていますね」

 後衛の先輩を信頼し、がむしゃらに前に突っ込んで攻めるスタイルは大きな武器。だが、気持ちで引いてしまっていては発揮できない。「誰にも真似できないところもある。自分の長所だな」。パートナーの言葉に背中を押され、長所を自覚すると、さらに強くなれた。

 当時の心境を語る隣で、福島も「覚えています」と同じ場面を思い返した。この言葉を掛けた理由は「試合で負けて消極的になっていたから」と明かす。

「廣田に対して『自分の対戦相手だったら凄くやりづらい』と思うので、相手はもっと嫌だろうなと思います。これは凄い長所。廣田は謙遜しすぎているし、もっと自信満々でやった方がいいなって。『遠慮してるんじゃないの?』『どんどん自分を出していっていいんじゃない?』と声を掛けました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集