[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、マスターズ制覇まで隠した本心 寡黙な男の「日本ゴルフ界を変える」の真意

男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)が11日(日本時間12日)、マスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。数々の日本男子が夢破れたメジャーの大舞台、しかも最高峰のマスターズを制覇。2016、17年、世界のトップクラスに駆け上がった時期にゴルフ取材を経験した記者が、歩みを振り返る。低迷する国内男子の将来を憂いた寡黙な男の裏には、「日本のゴルフ界を変える」という想いがあった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

マスターズ制覇の松山英樹、4年前は「MATSUI!」の野次も受けた

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)が11日(日本時間12日)、マスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。数々の日本男子が夢破れたメジャーの大舞台、しかも最高峰のマスターズを制覇。2016、17年、世界のトップクラスに駆け上がった時期にゴルフ取材を経験した記者が、歩みを振り返る。低迷する国内男子の将来を憂いた寡黙な男の裏には、「日本のゴルフ界を変える」という想いがあった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

「日本のゴルフ界が変わってくれると思うけど、まずは優勝してからそういうことを考えたい」

 17年6月の全米オープン2日目、2打差の8位に浮上した松山が答えた。優勝が手に届く位置につけ、海外メディアから飛んできた「日本人のメジャー初制覇の意義は?」の問い。しかし、言葉を濁しているように見えた。想いを伝えるのはメジャーで勝ってから。最も注目を浴び、影響力を与えられる瞬間まで口を閉ざしたかったのだろう。

 逆転を目指した最終日。好ショットには素直に称賛の声が送られる。ただ、ビール片手に酔っぱらった米ファンから「MATSUI!」「MATSUZAKA!」と小馬鹿にするような野次も受けていた。同組の米国選手が伸ばせば大歓声が上がるが、松山のバーディーにはまばらの拍手。そんな完全アウェーで2位。日本人歴代最高位と健闘したが「優勝してから」という自ら定めたボーダーラインを超えられず。多くを語る機会は得られなかった。

 松山の想いは石川遼(カシオ)から聞いていた。会えばゴルフ談議に花を咲かす2人。話題の一つが低迷する国内男子の現状だった。女子に比べ、観客数など注目度で劣る。どうすれば再び盛り上がり、発展していくのか。起爆剤にしようとしたのが、16年11月にオーストラリアで行われた国・地域別対抗戦のワールドカップ(W杯)だった。

 2人1組の代表チーム。誰が出場すれば、日本で最も話題になるのか。その国の世界ランク最上位選手がパートナーを指名する権利があり、松山は同学年の石川を選んだ。「英樹から『日本のゴルフ界を変えよう』という話をしてくれた」と石川はコンビ結成の経緯を明かしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集