[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 被災地から日の丸へ― 元バスケ日本代表戦士が故郷で果たした“夢の出会い”

被災地から日の丸へ― 元バスケ日本代表戦士が故郷で果たした“夢の出会い”

バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が26日に福島市内の松川小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。地元・福島出身で、Bリーグ・アルバルク東京など日本のバスケ界の第一線で活躍した名シューターは、「松川スポーツ少年団ミニバスケットボール部」の男女32人に直接指導。1年間にわたる長期指導の第1回として「夢宣言」を行い、第一歩を踏み出した。


福島市内の松川小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した渡邉拓馬氏【写真:村上正広】

福島出身の渡邉拓馬氏が「東北『夢』応援プログラム」で小学生を熱血指導

 バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が26日に福島市内の松川小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。地元・福島出身で、Bリーグ・アルバルク東京など日本のバスケ界の第一線で活躍した名シューターは、「松川スポーツ少年団ミニバスケットボール部」の男女32人に直接指導。1年間にわたる長期指導の第1回として「夢宣言」を行い、第一歩を踏み出した。

 底冷えの体育館が熱気に包まれた。渡邉氏は32人の小さなバスケ選手に熱血指導。床を打つボールのリズムは小気味良く、活気ある声が飛んだ。「常に試合をイメージすること。練習だけの練習にならないように。試合で使うことをいつもイメージしながらやろう!」。188センチの大きな体を見上げる子供たちの目は、一様に輝いていた。

 JR福島駅から車で30分離れた自然に包まれた小学校。バスケ界のスター選手が、長閑な場所にやってきて、直接指導する。なんとも贅沢なイベントは「東北『夢』応援プログラム」によって生まれた。

 公財「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどからスポーツ指導機会を提供。子供たちの様々な夢と目標の達成をサポートしていく。水泳、陸上、ラグビーなど多岐にわたる競技からバスケットボール編で、指導役の「夢応援マイスター」として登場したのが渡邉氏だった。

 ただの一期一会で終わるわけではない。主にスマートフォンの遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、1年間にわたって指導は継続する。実際に練習する動画を撮って送り、渡邉氏が映像を見て様々な助言を返す。拠点を置く東京との距離を超え、つながっていくシステム。今回は、1年間の指導の“出会い”だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー