[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

姫野和樹は世界最高峰のSRでも輝けるのか 7年前に気づかされた“怪物の真価”

日本で開催された昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表のベスト8進出に貢献したFL/NO8姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)が11月22日にウェブ会見を開き、2021年シーズンの加入が発表されたスーパーラグビー(SR)・ハイランダーズ(ニュージーランド=NZ)挑戦への意気込みを語った。

NZ挑戦が決まった姫野和樹【写真提供:トヨタ自動車】
NZ挑戦が決まった姫野和樹【写真提供:トヨタ自動車】

高校時代から姫野を見続けてきた吉田宏記者が可能性を検証

 日本で開催された昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表のベスト8進出に貢献したFL/NO8姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)が11月22日にウェブ会見を開き、2021年シーズンの加入が発表されたスーパーラグビー(SR)・ハイランダーズ(ニュージーランド=NZ)挑戦への意気込みを語った。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 現在フランスリーグ参戦中のFB松島幸太朗、姫野と同じハイランダーズで活躍したSH田中史朗(キヤノンイーグルス)ら、いまや海外挑戦する代表クラスの選手は珍しくない。だが、フィジカル面の強さが求められるFW、中でも激しい肉弾戦が不可欠なFW第3列というポジションでの日本選手の挑戦は異例のこと。高校時代から、その才能と成長を見続けてきた“原石”の進化の足跡を辿りながら、ラグビー王国での可能性を検証する。

 ◇ ◇ ◇

 NZでの挑戦を選んだ最大の理由を聞くと、26歳の日本代表FLはストレートに言い切った。

「夢をかなえたい」

 楕円球に魅せられた者なら誰もが、ましてやトップレベルでプレーする選手なら、なおさら憧れるラグビー王国。ラガーマンの“約束の地”での挑戦への期待感と興奮が、PCのモニターを通しても伝わってきた。

 NZ南島南部のオタゴ・ダニーデンを拠点とするハイランダーズは、昨秋のW杯で日本代表のコーチを務めたトニー・ブラウンが新シーズンからはヘッドコーチ(HC)に昇格。今夏にNZ国内5チームで開催されたSRアオテアロアでは4位と低迷したチームの再建が託された。2015年には現在日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)とブラウン・アシスタントコーチの二人三脚でSRを初制覇するなど、日本との繋がりが強いだけに、姫野にとっては最適な選択とも考えられる。

 ハイランダーズの本拠地、オタゴのフォーサイス・バー・スタジアムは、NZ最古の歴史を誇る伝統校オタゴ大学の学生が陣取るゴール裏の熱狂的な応援が名物。世界一クレイジーともいわれるサポーターに、姫野が受け入れられるのが楽しみだ。

 その一方で、日本でプレーしている限りは活躍もレギュラーポジションも確約されていたはずの姫野がラグビー最強国のSRチームでは何の保証もない。敢えてリスクのある選択をしたのは「夢」という理想のためだけではない。会見では、昨秋のW杯での経験が背景にあることも語っている。

「(準々決勝で敗れた)南アフリカ戦まで、モチベーションというかコンディションを維持できなかった。あれだけレベルの高いゲームを1週間、2週間こなしていくのも初めての体験だったので、南アフリカ戦のところで満身創痍だったし、自分のプレーが全然できなかった。もっともっと強くなりたいという自分の向上心が強くなりました。なので、SRというレベルが高いリーグで毎週のように戦う、そしてタフになれるのは、すごくメリットがあると思い、行くことを決めました」

 2020年シーズンまで日本から参画していたサンウルブズが来季SRから除外されたことも、オタゴ行きを決めた理由の1つと認める一方で、姫野は「言語能力であったり、自分の居心地のいいところを離れること、後はいろんな素晴らしい選手がいる中で毎試合毎試合チームの中の競争に勝っていくというところも、日本にいては体験できない。そこは、すごく魅力的なところ」と、海外のハイレベルで厳しい環境に身を置くことの重要さが、海外挑戦の大きなモチベーションとなっている。

 五輪競技などとは違い国籍を代表選考の条件としないラグビーは、いまやダイバーシティの時代を迎えている。日本代表も主力選手の多くはNZ、南アフリカなど海外出身者が占める中で、姫野は日本で生まれ育った代表戦士として、大きな期待と注目を背負う存在だ。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集