[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ「腸が一番大事」なのか 元日本代表MFが現役時代に驚かされたトレーナーの指摘

現役最後のシーズンに転機、AuB株式会社を設立

 こうしてやがて転機が訪れる。現役最後のシーズンとなった2015年6月、便を調べている人がいると聞き会ってみると、ある発言が将来を左右する大きな引き金になった。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

「特徴的な被験者を調べると大きな発見に繋がるものなんです」

 鈴木は一瞬息を呑んだ。

「特徴的な被験者?……たくさんいますよ!」

 あとは一気呵成だった。4か月後、鈴木は複数のメンバーとともに、アスリートの腸を研究するAuB株式会社を設立する。

 実は引退の少し前には、決断を促す出来事もあった。鈴木は長年、レッズを応援し続けてくれたサポーターと話す機会があった。

「最近お客さんが減っているので、またスタジアムに来てくださいよ」

 Jリーグ草創期からの年季の入ったサポーターは答えた。

「Jリーグができた時は、オレもまだ40歳。でも、もうそれから20年が経った。試合中は飛び跳ねながら応援をして帰ると、翌朝からは仕事。さすがに堪えるよ」

 そうか、人は年齢を重ねると、だんだん好きなことができなくなるんだな……。鈴木は自分の両親を思い浮かべて実感した。

「それならサッカー選手をしてきたことで、何かファンに還元できることはないだろうか」

 新会社には、そんな想いが込められていた。(文中敬称略)

[プロフィール]
鈴木啓太(すずき・けいた)

1981年7月8日生まれ、静岡県出身。東海大翔洋高校を卒業後、2000年に浦和レッズに加入。攻守を支えるボランチとしてレギュラーの座をつかむと06年のJリーグ優勝、07年AFCチャンピオンズリーグ制覇などのタイトル獲得に貢献した。15年の現役引退まで浦和一筋を貫き、J1通算379試合10得点を記録。日本代表としても28試合に出場した。現在は自ら設立したAuB株式会社の代表取締役を務め、腸内細菌の研究などを進めている。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集