[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ禍の全仏OP 帯同コーチが見た大会の現状「この状況で…不安は正直あります」

新型コロナウイルス感染拡大が収束せぬまま、9月21日に開幕を迎えるテニスの全仏オープン。世界ランク232位の綿貫陽介(日清食品)のツアーコーチとして帯同している兄・敬介(明治安田生命)が「THE ANSWER」で緊急連載をスタート。現地の状況を定期的にレポートする。第1回はパンデミック禍のパリで行われる大会の現状について。「少し心配」と不安な思いを吐露している。

選手とスタッフが宿泊するホテルではPCR検査が実施されている【写真:本人提供】
選手とスタッフが宿泊するホテルではPCR検査が実施されている【写真:本人提供】

【緊急連載第1回】綿貫陽介をサポートする兄の敬介が現地のリアルな状況をレポート

 新型コロナウイルス感染拡大が収束せぬまま、9月21日に開幕を迎えるテニスの全仏オープン。世界ランク232位の綿貫陽介(日清食品)のツアーコーチとして帯同している兄・敬介(明治安田生命)が「THE ANSWER」で緊急連載をスタート。現地の状況を定期的にレポートする。第1回はパンデミック禍のパリで行われる大会の現状について。「少し心配」と不安な思いを吐露している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ◇ ◇ ◇

 16日午後5時過ぎにシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。最初に目に入るのはこれまでにはなかったシグナル。空港でも宿舎でも至る所に、ソーシャルディスタンスは1メートルと明示されています。

 空港内の人出はそこまで多くなかったけれど、日本よりも人と人の距離は結構近いなという印象を感じました。

 空港からはパリ中心街の選手宿舎までタクシー移動。ここは例年と同じですね。車の窓越しの景色ではマスクを着用していない人はいませんでした。

 ホテルに到着してからも、驚いたことがありました。選手とスタッフ専用のホテルだと思っていたのですが、朝食会場では一般客も見かけました。大会関係者ではない宿泊者も少なくないようです。

 17日の朝にはホテルでPCR検査を受けましたが、そこでも軽い衝撃を受けました。検査場と控え室はしっかりとソーシャルディスタンスがとられていたのですが、その前段階の通路に選手とスタッフが密集状態。多くの場所ではチェック体制はしっかりしているのですが、いい加減な部分もあるなという印象です。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集