[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「負けたら走ってろ」は時代錯誤 ドイツS級コーチが日本に残る悪しき指導法に愕然

ドイツの指導者は勝利を追求しながら「プロセスを大切にしている」

 一方ケルンも精選された少人数の選手たちが、独自の方法で厳しさを追求していた。改めて鈴木は指摘する。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「結局トレーニングは工夫とアイデア次第で、いくらでも改善の余地があるということです。こうしてドイツでは、担当する指導者に大きな責任と権限が与えられている。最大の目的は、良い選手を育てることですが、同時にチームの結果も求められ、もしもっと良い指導者がいれば交代させられます。しかし彼らは勝利を追求しながらも、それ以上にプロセスを大切にしている。ところがまだ日本では、そこを履き違えている指導者がいる」

 鈴木は都内で行われた小学生大会での光景を見て愕然とした。朝から長時間をかけて試合が続けられたのだが、ある強豪と呼ばれるチームの子供たちは、試合に負けたために延々と走らされていた。クラブを統括するのはJリーグクラブの監督経験者だった。

「若年層では、個々としっかりと向き合い、どうすればこの子が上達するのかを最優先に考え、工夫することが大切です。もちろん試合では勝つことを追求しますが、それがすべてではない。負けたら走ってろ、なんて時代錯誤も甚だしい」

 ただしブンデスリーガのアカデミーには、罰走などより厳しい現実がある。少数精鋭で活動している以上、優秀な選手を一人迎え入れることになれば、代わりに誰かが去っていく。去った選手は、自分の実力に見合ったチームでプレーをする。こうしてドイツでは、個々が適正水準で試合をする仕組みが維持されている。(文中敬称略)

[プロフィール]
鈴木良平(すずき・りょうへい)

1949年生まれ。東海大学を卒業後、73年に西ドイツ(当時)のボルシアMGへ留学。名将ヘネス・バイスバイラーの下で学びながら、ドイツサッカー連盟S級ライセンスを取得した。84-85シーズンにはブンデスリーガ1部のビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督を務めた。その後は日本女子代表初の専任監督に就任するなど女子サッカーの発展にも尽力。ブンデスリーガなどのテレビ解説者としても活躍する。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集