[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英、逆足弾に見た進化の軌跡 8年前知る恩師も驚嘆「建英の成長を感じました」

スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間21日に行われたベティス戦(3-3)で1得点1アシストを挙げる活躍を見せた。スペインで利き足とは逆の右足で初めて強烈なゴールを記録した久保について、専属トレーナーとして長年指導してきた木場克己氏は神童の進化を証言している。

マジョルカの久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの久保建英【写真:Getty Images】

木場トレーナーが絶賛「素晴らしいプレーでした」

 海外サッカーのスペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間21日に行われたベティス戦(3-3)で1得点1アシストを挙げる活躍を見せた。スペインで利き足とは逆の右足で初めて強烈なゴールを記録した久保について、専属トレーナーとして長年指導してきた木場克己氏は神童の進化を証言している。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「素晴らしいプレーでした。特にあのゴール、そして、その仕掛けの場面では建英の成長を感じました」

 トレーニングメソッド「KOBA式体幹バランストレーニング」を開発者として知られる木場氏はこう語った。小学5年生から“神童”の肉体強化に二人三脚で取り組んできたプロトレーナーには、後半25分のプレーに進化が凝縮されていたと見ている。

 6試合ぶりの先発となったベティス戦。前線でボールを受けると、相手DFを細かいフェイントで翻弄。利き足とは逆の右足で強烈なシュートを突き刺した。

「シュートに持ち込む前の体の使い方です。フェイントの場面で左足に体重を移行した際に、上半身も左にシフトして、相手を翻弄しました。下半身はしっかり安定していましたが、上半身を自由に操る動きができています。体幹をギュッと固めるだけでなく、瞬間的に力を抜く、そして、また次の瞬間に力を入れるという、体幹の使い方の緩急ができています」

 ボールを右に動かしながら、シザーズフェイントというプレーで、相手のマーカー2人を翻弄することに成功した久保。特製ゴムチューブやファンクショナルポールを活用した体幹強化が次のステージに進化した瞬間だったという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集