[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「プレッシャーで潰されないで」 早実・清宮、「憧れ」王さんの想い超えたプロ決意

2015年8月6日。王さんと清宮は“対面”していた。場所は甲子園球場。全国高校野球選手権大会の開会式だった。

1年夏に“対面”で報道陣に異例のお願い、王さんの心配を杞憂に終わらせた成長

 早実・清宮幸太郎内野手が22日、プロ志望届を提出することを表明した。プロ入りか、進学か――。大きな注目を集めていた高校通算111発スラッガーの決断。会見では「いずれは868本を目指せるような選手になりたい」と王貞治さんのホームラン記録挑戦に意欲を見せた。

 2015年8月6日。王さんと清宮は“対面”していた。

 場所は甲子園球場。全国高校野球選手権大会の開会式だった。高校野球100年を記念し、王さんが始球式に登板。高校時代に投手として立ったマウンドから、見事なストライク投球を演じた。1年生で初の黒土を踏んだ清宮は、偉大なる先輩の勇姿に心震えたという。

 そして、大役を終えた王さんは清宮について、こんな風に語っている。

「大変だよね。プレッシャーで潰されなきゃいいけど、お手柔らかに頼みますよ。育ててやってほしいね」

 当時、日本中が清宮フィーバーに沸いていた。地方大会から連日、スポーツ紙の一面を飾り、劇的な試合の連続で甲子園に出場。高校球界に現れたニューヒーローに現地入り後も毎日、練習場にメディアが殺到。そんなさなか、王さんは後輩が重圧に押し潰されないよう、温かく見守ってほしいと報道陣に異例の“お願い”をしていた。

 しかし、フィーバーはとどまるどころか、加速の一途をたどった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集