[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人がスペインで苦戦する理由 現地指導者が指摘、小学生年代の「戦術指導の欠如」

戦術に対する理解が重要だと語る吉住貴士氏【写真:編集部】
戦術に対する理解が重要だと語る吉住貴士氏【写真:編集部】

相手との駆け引きを「育成年代から学ばせなければいけない」

吉住「スペインは戦術が凄く整理されていて、選手の理解度が高いんです。僕の指導者養成講座の先生が、ヒムナスティック・タラゴナの関係者で『鈴木(大輔/現・浦和レッズ)を知っているか?』と声をかけられたので、評価を聞いてみたんです。『足も速い。身体もヘディングも強くて良いディフェンダーだ』と誉めていましたが、反面『この選手を押さえろというタスクは忠実にこなす。でもマンマークを外してでもカバーに行かなければいけない局面で、そこにいない』とのことでした。スペインでは12歳以下で身につけていて、みんなできると話していました。つまり、それを知っているかどうかで違ってしまう。

 高校選手権を見ていても、素晴らしい対応を見せた選手が、次に同じ状況では全然違う選択をしてしまうことがあります。要するに最初のシーンでは、自然にできてしまっただけで、理解をしているわけではないから再現性はない。ただし逆にできるポテンシャルは持っている。あとは知識を持つ指導者がいれば身についていくはずです」

リノ「小学生年代のクラブが集まるワールドチャレンジ決勝で、バルセロナが1-0で大宮アルディージャを下した。バルサは終始自分たちのリズムでプレーし、相手を疲れさせていた。相手を疲れさせる。それもサッカーだ。僕も対戦相手に素晴らしい選手がいた時に、マンマークをつけたら凄く嫌がり交代になった。こうした駆け引きを育成年代から学ばせなければいけない。

 トレーニングの時に、3バックから4バックへの移行などは『山』『川』など、サッカー以外の言葉で伝わるようにしておく。それもなしに、いきなり試合でシステムを変更しようとしても無理な話だ。一方でこうした準備をしておけば、選手たちも『相手が3トップの時は5バックが守り易かったな』などと引き出しが広がっていく」(文中敬称略)

(最終回へ続く)

[指導者プロフィール]

■リノ・ロベルト
1972年4月26日生まれ。UEFA(欧州サッカー連盟)スペイン連盟の指導者資格を持ち、2002年からアトレチコ・マドリードでカンテラの指導に携わり、2017年に来日。埼玉県のジュニアユースチームでU-15監督を務めた。スペイン連盟からは、主に指導者対象の戦略セミナーを任された。今年から「ファーダンサッカースクール」のプロ育成クラスのメインコーチを務めている。

■吉住貴士
1986年12月8日生まれ。国見高校時代に全国制覇し、鹿屋体育大学では主将を務める。大学卒業後は長崎総合科学大学附属高校のコーチを6年間務めたが、その後スペインに渡り現地のチームで4年間指導。現在はRCDエスパニョールジャパンアカデミーの責任者。

▼自社サイトのみの告知文▼
[セレクション開催]
今回の対談に登場したリノ・ロベルト氏がコーチを務める「Professional Training Center(プロトレセン)」が、小学新2年生(U-8)、小学新3年生(U-9)を対象に選考会を開催する。詳細や応募方法は下記URLへ。
https://note.mu/jpn_academy2019/n/n5d27de4a386d

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集