[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑も雪に泣く 上位総崩れの“不公平運営”に海外波紋「クレイジーな試合」

ノルディックスキーの世界選手権(ゼーフェルト)は1日、ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑(土屋ホーム)は合計203.4点で14位に終わった。1回目で首位に立ったが、2回目は途中から降り始めた雪の影響で失速。1回目の上位陣が、後半に飛ぶ2回目で総崩れとなり、1回目27位だったダビド・クバツキ(ポーランド)が優勝するなど、不公平な結果に。

14位に終わった小林陵侑【写真:Getty Images】
14位に終わった小林陵侑【写真:Getty Images】

小林陵は1位→14位に失速、雪で助走路が詰まるも中断なし、疑問の声が続々

 ノルディックスキーの世界選手権(ゼーフェルト)は1日、ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑(土屋ホーム)は合計203.4点で14位に終わった。1回目で首位に立ったが、2回目は途中から降り始めた雪の影響で失速。1回目の上位陣が、後半に飛ぶ2回目で総崩れとなり、1回目27位だったダビド・クバツキ(ポーランド)が優勝するなど、不公平な結果に。実際の映像をドイツ公共放送が公開し、中断などの対応をしなかった運営側に対し、海外選手、メディアから不満の声が噴出している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 小林陵が天候に泣いた。1回目は風の影響でトップ選手が軒並み苦しむ中、101メートルで首位に。しかし、2回目は激しい雪で助走路が詰まり、後から飛ぶ1回目上位選手ほど助走速度が下がり、最後に飛んだ小林陵は全選手で最も遅い86.7キロ。降りしきる雪の中、懸命に飛んだが、92.5メートルにとどまり、14位と失速した。

 小林陵のみならず、1回目の上位5選手が2回目の助走速度ワースト5となり、2位→18位、3位→27位、4位→10位、5位→24位と総崩れ。逆に優勝したクバツキは1回目に27位と出遅れたが、順番の早かった2回目で全選手最速の89.4キロで飛距離を伸ばし、大逆転を飾った。天候が左右したとはいえ、あまりに不公平な結果になってしまった。

 ドイツ公共放送「ZDF」公式ツイッターは小林陵を始め、選手たちが荒天の中で飛ぶ実際の様子を公開しているが、2回目を中断などの対応をせず、強行した運営側について不満、疑問の声が上がっている。ドイツ公共放送「ARD」は「クレイジーな試合でポーランドがWメダル」と見出しを打って特集した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集