[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

猛暑で問われる部活のあり方 ボトムアップ理論が実証した「量より質」の重要性

楽しむためには強制ではなく自主判断が不可欠

「大会期間中、生徒たちは宿舎でミーティングを重ね、プランを立てて戦い抜きました。メディアには、僕はベンチでコーヒーを飲んでいたら勝っちゃいましたよ、と話したほどです。僕はそれだけ彼らを信じていました」

 部活のあり方、さらにはスポーツをする意味が問われている。スポーツには、プレーヤーズ・ファーストの大前提があり、楽しむためには強制ではなく自主判断が不可欠だ。

 畑は語る。

「選手たちが自分で気づいて動き出すのを待つ。それは指導者の重要な資質です。サッカーは閃きが大切なスポーツ。だから彼らの発想に制限をかけてはいけない」

 今では誰もが知るはずの当然の理論である。畑のボトムアップ理論は、スポーツ界に限らず、多方面で社会的にも注目され浸透している。しかし残念ながら、それとは真逆の旧態依然とした組織が数多く残っているのも、日本の実情である。(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集