[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥寺康彦と長谷部誠をつなぐ称賛 独名将を魅了した「1人で3人分」の万能性

奥寺康彦氏は、生粋のFWとして1977年にドイツへ渡り、最初のシーズンでいきなり1FCケルンの国内2冠に貢献した。当時ドイツのクラブは欧州内でも屈指の実力を誇り、ケルンはバイエルンやボルシア・メンヘングラードバッハと覇権を争う人気チームだった。

1977-78シーズンにドイツへ渡った奥寺、ケルン1年目で国内2冠を達成

「オク(奥寺)が1人いれば、3人の選手を獲ったのと同じだ」―オットー・レーハーゲル

 奥寺康彦氏は、生粋のFWとして1977年にドイツへ渡り、最初のシーズンでいきなり1FCケルンの国内2冠に貢献した。当時ドイツのクラブは欧州内でも屈指の実力を誇り、ケルンはバイエルンやボルシア・メンヘングラードバッハと覇権を争う人気チームだった。

 ちなみにドイツを制したケルンは、翌シーズンの欧州チャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ/CL)に出場し、順当に準決勝に進出。ノッティンガム・フォレスト(イングランド)とのアウェー戦では奥寺の同点ゴールで3-3と引き分け、決勝への視界が開けたかに見えたが、ホームでの第2戦で0-1とまさかの敗戦。惜しくも記念すべき第1回トヨタカップ(現FIFAクラブワールドカップの前身で、欧州と南米王者による世界一決定戦)への出場を逃すのだった。

 順調にドイツでのキャリアを積み重ねていた奥寺だったが、自身をケルンに導いた名将ヘネス・バイスバイラーが80年に北米サッカーリーグのニューヨーク・コスモスに去ると、状況が一変する。奥寺は出場機会を確保するために、自ら交渉をして2部のヘルタ・ベルリンに移籍。ここからマルチプレーヤーへと変貌していくのだ。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集