[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷晃生、食野亮太郎らの才能開花 G大阪ユース熱血監督が語る、若手“操縦術”の極意

唐山翔自は「今から伸びるはず」

――手を離れた後も、森下監督の練習に参加を希望する選手が多いとか。

「今年のプレシーズンも、水戸にレンタルで行っている唐山翔自がクラブの許可を得て、『1週間いいですか? シーズン前に仕上げていきたいんで』って来て。あいつは今から伸びるはずです」

――原点になっているんですね。

「プロって呪縛にもなります。(中村)敬斗がウイングバックで使われていた時、自分のところに来て、『守備がなかなかできない』って。敬斗は敬斗なのに、ただのウイングバックになってしまっていた。だから、『お前は中村敬斗でしょ? そこに立ったら違う人になるの? お前のストロング(ポイント)は何?』って聞いて。『ドリブルです』って答えるから、『だったら、したらええやん』って。そしたら、彼は凄かった」

――教え子のことを話す森下さんの目は慈愛に満ちています。

「トップの試合を見て、先日は黒川(圭介)が点を取って嬉しくて、『あんなの教えてないぞ』とか(笑)。選手たちの活躍が楽しみで。今は敬斗も亮太郎も苦労しているけど、欧州に留まって戦って、ケツをまくって帰ってこない。連絡はちょくちょく取っています。今はLINEという便利なツールがあるので、1時間くらい話します。昔だったら、えらいことになっていますけどね(笑)」

(第2回へ続く)

(小宮 良之 / Yoshiyuki Komiya)

1 2 3

森下仁志

ガンバ大阪ユース監督 
1972年生まれ、和歌山県出身。現役時代は帝京高、順天堂大を経て95年にガンバ大阪に加入。コンサドーレ札幌、ジュビロ磐田と渡り歩き、J1通算202試合9得点、J2通算37試合1得点の成績を残した。2005年の現役引退後は指導者の道へ進み、12年に磐田監督に就任。京都サンガF.C.、サガン鳥栖、ザスパクサツ群馬の監督を経て、19年に古巣G大阪U-23監督となり、昨年からユースを率いている。中村敬斗(現LASKリンツ)や食野亮太郎(現エストリル・プライア)らの才能を引き出すなど、若手の指導に定評がある。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集