[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「蹴るな、走るな、歩け!」 高校サッカー異端の名将、王国に憧れ極めた個人技スタイル

のちにジーコも日本代表に提言「スピードを落としても正確にプレーすることが大切」

 だが、後半も浦和南が追加点を奪う。ここでテクニカルエリアに出てきた静岡学園の井田監督は、ピッチに向けて大声を張り上げた。

「蹴るな、走るな、歩け!」

 ここから静岡学園が本来のプレーを取り戻し、試合は終盤にかけて緊迫の度合いを増す。結局浦和南が5-4で制したが、静岡学園が提示したゆっくりとテクニカルに支配していくスタイルは、格好の議論のテーマを提供した。

「急いで走ればミスが出る。だから、あの指示を出した」

 井田監督は説明した。ちなみに数年後には、フラメンゴの一員として来日したジーコが「日本代表はもっとスピードを落としても正確にプレーすることが大切だ」とアドバイスを送っている。

 もちろん、静岡学園も時代の変化とともに様々なスピードを加え、磨きをかけていった。だが技術を大切にして、丁寧に崩す原点は変わらず、多くの名手を輩出し、ファンの共感も呼んだ。その後もテクニックをベースに戦うのは、日本サッカーの特徴としても定着した。

 皮肉なことに、それはデュエルと不確実なカウンターばかりに走る現在の日本代表にとっても、アンチテーゼになっているかもしれない。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集