[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コーチが注意すべき「must」と「should」の使い方 理不尽な言葉が選手に及ぼす悪影響

現在23歳の塚本修太は、サウサンプトン・ソレント大学(現ソレント大学)在学中に、FA(イングランドサッカー協会)の心理学レベル4(最高はレベル5)を取得した。

コーチが注意すべき理不尽な言葉の悪影響とは(写真はイメージです)
コーチが注意すべき理不尽な言葉の悪影響とは(写真はイメージです)

【英国でサッカー学を修得した23歳の挑戦|第3回】最初に受けた“言葉”が選手に及ぼす影響

 現在23歳の塚本修太は、サウサンプトン・ソレント大学(現ソレント大学)在学中に、FA(イングランドサッカー協会)の心理学レベル4(最高はレベル5)を取得した。

 面白い実験データがある。ある大学に2人のゲストコーチを招き紅白戦を行った。片方には理不尽なコーチがつき、試合中のミスに罵声を発し、次のような言葉を浴びせ続けた。

「オレたちは絶対に勝つんだ!」
「おまえはこうしておけばいいんだ」
「なんでそこでそんなパスを出すんだ!」

 一方、相手チームにはロジカルなコーチがつき、冷静な指示に終始した。

「相手がこう来たら、こんなチャレンジをしてみよう」
「とにかく自分たちの力を出し切ろう」

 結局、理不尽な言葉をかけ続けられたチームの選手たちは、チャレンジをせず責任逃れのプレーを選択するようになり、対照的にロジカルなコーチがついたチームは明らかに積極的なチャレンジが増えた。

 塚本が解説する。

「サッカーコーチが使い方に気をつけなければいけない言葉が『must』『should』です。指導者が、しなければいけない、するべきだ、という強要をすると、選手たちの回避的行動を促すことになり、ミスをしたくないというマインドが生まれた選手たちは、責任逃れの行動をするようになるんです」

 心理学では「プライミング(Priming)効果」と言われ、最初に受けた言葉は、その後の行動に影響を及ぼすのだという。

「ある場所に来た人たちに、老人を想起させる言葉を選ばせて帰ってもらうと、何人かは来る時より歩くスピードが落ちました。サッカーに置き換えれば、同じ選手にウインガーだと告げるのと、サイドハーフと告げるのでは、守備に戻って来る割合が変わってくる。ウインガーだと言われれば、より攻撃のタスクを、サイドハーフなら守備の役割を意識するわけです。このようにコーチのかける言葉で、選手のマインドや行動は変わってきます」

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集