[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「こんなことは許されない」 全国大会で約2割の選手が出場ゼロ…U-11リーグ創設者の危機感

「世界中の指導者は苦しみながら、二律背反することを続けている」

 実際、昨年のチビリンピック関東大会を制した鹿島アントラーズ・ジュニアの小谷野稔弘監督は「3ピリオド制で全員試合に出すことが、結果的にチーム力向上につながった」と語っていたという。幸野が力説する。

「チームの全員を楽しませ、成長させながら勝つ。世界中の指導者は苦しみながらも、一見二律背反することを続けているんです。レギュラーしか使わない日本の指導者は楽過ぎる」

 一昨年、鹿児島で行われた全日本少年サッカー大会で、約5分の1の選手たちが一度もピッチに立たなかった。

「JFAのテクニカルレポートに記されたので、僕は『こんなことは許されない』と声を挙げた。でも『おかしい』と言ったのは僕だけ。もし参加者全員が同じように声を挙げれば、変わったはずなんです」

 忸怩たる想いが滲み出ていた。(文中敬称略)

[プロフィール]
幸野健一(こうの・けんいち)

1961年9月25日生まれ。7歳よりサッカーを始め、17歳の時にイングランドへ渡りプレーした。現在は育成を中心にサッカーに関わる課題解決をはかる「サッカー・コンサルタント」として活動。2014年に「アーセナルサッカースクール市川」を開校させ、代表に就任。19年に「FC市川GUNNERS」にチーム名変更、20年3月から業務提携した市川SCのGMに就任した。息子の志有人はJFAアカデミー福島1期生のプロサッカー選手で、09年U-17W杯に出場した。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集