[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「こんなことは許されない」 全国大会で約2割の選手が出場ゼロ…U-11リーグ創設者の危機感

2015年、幸野健一は自ら実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた。初年度に参加を表明したのは7県だけだったが、今では31都道府県に広がり、約7000人がプレーし3000試合前後をこなす規模にまで発展している。

ジュニアでのリーグ戦文化の浸透を狙い、幸野健一は実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた【写真:編集部】
ジュニアでのリーグ戦文化の浸透を狙い、幸野健一は実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた【写真:編集部】

【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第4回】ジュニア年代でリーグ戦文化のある欧州と“負ければ終わり”が多い日本

 2015年、幸野健一は自ら実行委員長としてプレミアリーグU-11を起ち上げた。初年度に参加を表明したのは7県だけだったが、今では31都道府県に広がり、約7000人がプレーし3000試合前後をこなす規模にまで発展している。

「多くの指導者が集まる席が設けられ、なかなかジュニアでリーグ戦化が進まないことに対して、みんなJFA(日本サッカー協会)に批判の声を挙げていました。そこで僕が『だったらJFAに頼ることなく、自分たちで正しいと思うことを始めればいいじゃないか』と声をかけたのが発端です」

 なぜU-11なのか、幸野が背景を解説する。

「JFAはU-12のリーグ戦化を始めたのですが、全都道府県で平等にスタートしようとしたから、それだけで手一杯になってしまったんです。要するに試合数は増えたもののグラウンドが足りなくて、他の学年まで対応できなくなってしまった。だから僕らは、まず各県のトップ10に声をかけて、そこから裾野に広げていこうと考えました」

 10代でイングランドに留学し、世界43カ国の実情を見てきた幸野にとって、彼我の大きな違いの一つにリーグ戦文化の浸透度合いがある。

「10歳くらいの子供たちのサッカー知能を比べると、欧州のほうが断然高い。なぜなら欧州の子供たちは、全員がレベルに適したリーグ戦を毎週末にこなしているからです。リーグ戦では必ずホーム&アウェーで同じ相手と二度戦う。試合を振り返り分析して、再度対戦することで、個人戦術も蓄積されていく。それに対し日本ではノックアウト方式が多いので、負ければそこで終わり。だから落ち着いた状況で試合に臨めないし、二度と対戦しない相手だから次戦への修正もない。それが8歳から毎年30試合ずつ積み重なるわけで、日本は絶対に追いつかないな、と思いました」

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集