[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

偏差値71の名門 高崎の文武両道ジャンパーがこだわった「陸上一本」じゃない3年間

全国高校総体(インターハイ)の陸上最終日は8日、男子走り高跳びで大平海史(高崎)は2メートル8で4位入賞したが、目標の日本一はならず。偏差値71の名門進学校で学年トップ10に入る文武両道ジャンパーは、涙とともに最後の夏を終えた。

2メートル8で4位入賞した大平海史【写真:荒川祐史】
2メートル8で4位入賞した大平海史【写真:荒川祐史】

大平海史が走り高跳び4位入賞、群馬の名門進学校で求めた勉強と部活の両立

 全国高校総体(インターハイ)の陸上最終日は8日、男子走り高跳びで大平海史(高崎)は2メートル8で4位入賞したが、目標の日本一はならず。偏差値71の名門進学校で学年トップ10に入る文武両道ジャンパーは、涙とともに最後の夏を終えた。

 台風が近づく沖縄の空の雲を跳ねのけるように高く、大平は跳んだ。2メートル8の3本目、軽やかな助走から踏み切り、バーに触れることなく、綺麗に越えた。端正な顔立ちが一瞬ほころぶ。「前半からなかなか助走が修正できず、ようやく2メートル8で跳びやすい助走ができた」。この時ばかりは手を叩いて喜び、感情を高ぶらせた。

 しかし、続く2メートル11は2本続けて失敗。最後の3本目は踏み切りが合わずに跳躍できず、4位で終えた。堂々たる結果だったが、満足できなかった。「陸上を始めた時から高校3年生でインターハイで勝つことを目標にしてきた。最後の最後で跳躍せずに終わったことが悔しい」。試合後は入賞者で唯一、涙に暮れた。ただ、この日までの道のりには胸を張っていい。

 高崎は偏差値71を誇る、群馬県屈指の進学校。福田赳夫、中曽根康弘という元首相をはじめ、政財界に多くの著名人を輩出している。中学時代、全国大会で5位に入る一方で、学業も学年トップ3の成績を収めていた大平は他のスポーツ強豪校ではなく、敢えて通称「高高(たかたか)」といわれる県立校を選んだ。理由は、明快だった。

「他の学校では陸上一本になってしまう。勉強も陸上と同じくらい頑張りたかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集