[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前から想い続けた夢 川村優佳、「3年生で優勝」を誓った最後の夏に流した涙

川村は最後まで諦めずに走り抜いた【写真:荒川祐史】
川村は最後まで諦めずに走り抜いた【写真:荒川祐史】

救ってくれた、たった6人の同期「さりげない言葉にいつも助けられた」

 3年生の女子は、3学年で最も少ない6人。その分、絆は強かった。特別な言葉はなくとも、日常の会話の中にふっと肩の力が軽くなる励ましがあった。「だから、何か特別な言葉というと思い出せないけど、さりげない言葉にいつも助けられた」。苦しい時も高め合い、励まし合った仲間がいたから辿り着いた決勝の舞台。結果は満足じゃなくとも、1年間の努力には胸を張っていい。

 勝って終われなかったが、まだ高校3年生。目標について「この種目で日本選手権の決勝に残って走ってみたい」と夢の続きを描いた。過酷な400メートル障害の魅力について問うと「走った後の達成感だったり、レース展開がすごく変わったり、そういうところに楽しさを感じる」と川村。そう言った時、涙の表情が晴れ、少しだけ笑みが戻った。よほど、この種目が好きなのだろう。

 勝ち続けることだけが陸上じゃない。勝って感じる喜びもあれば、負けてこそ得る学びもある。長い競技人生、成長の余白は十分に残されている。この1年間、最後の夏に向け、全力で駆け抜けた想いは絶対に、無駄になんてしない。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集